新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A6/S6/RS6 【マイナーチェンジ、一部改良】 / navi

クルマニュース

アウディ A6/S6/RS6 【マイナーチェンジ、一部改良】 / navi

(2009/01/15)

スーパーチャージャー付き3Lモデルの追加など、走りの性能や燃費性能が向上

アウディ A6|ニューモデル速報
↑リアランプやドアミラーのターンシグナルインジケーターにLEDが採用され、被視認性が向上。フロントバンパーの形状も、よりダイナミックなものとなった
M・ベンツEクラスやBMW5シリーズに対抗するモデルとして開発され、アウディらしいスポーツ性とプレミアム性が両立されたアッパーミドルクラスのA6シリーズにマイナーチェンジや一部改良が施された。

A6、A6アバント、S6、S6アバントはマイナーチェンジ、RS6アバントは一部改良となる。またこの機にセダンモデルのRS6が日本に導入された。

改良のメインは、従来までの4.2L V8および3.2L V6に代わり、スーパーチャージャーを備えた3L V6がA6とA6アバントに追加されたこと。このエンジンは、4.2L V8並のトルクを発揮しながらも3.2L V6を上回る燃費性能を誇り、10・15モード燃費で9.4km/Lをマーク。また、引き続き採用される2.8L V6も細部の見直しが行われ、最高出力を10psアップ(220ps)させながらも10・15モード燃費9.7km/Lと、クラストップの低燃費が目指された。
さらに全車、クワトロシステムが新世代の非対称/ダイナミックトルク配分方式へと進化。加えてA6、S6、RS6に日本初導入となる運転支援システム「アウディドライブアシスト」がオプション設定されている。その他、RS6アバントのセダン版、RS6がラインナップに加わった点も注目だ。
機能面以外では、外観は新デザインのフロントバンパーやLEDターンシグナルインジケーター内蔵ドアミラーが装着され、2.8Lおよび3L V6搭載モデルのアルミホイールのデザインが変更。セダンに新デザインのワイドLEDリアランプが装着された。一方内装は、ドライバーズインフォメーションディスプレイ(DIS)の解像度が向上し、リアシートヘッドレストの形状が変更されている。

価格は、新たに加わったA6の3.0 TFSI クワトロが780万円、3.0 TFSI クワトロ S-lineが861万円、A6アバントの3.0 TFSI クワトロが812万円、3.0 TFSI クワトロ S-lineが893万円、RS6が1645万円。
従来モデルは、A6 2.8 FSI クワトロが17万円高の645万円、A6アバント 2.8 FSI クワトロが23万円高の677万円。S6およびS6アバントは24万円から30万円減で、前者が1228万円、後者が1260万円。RS6アバントは20万円高で1680万円。新たに導入されたセダンのRS6は1645万円となっている。
グレード3.0 TFSI クワトロ S-lineRS6
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4925×1855×14554930×1890×1455
ホイールベース(mm)2845
車両重量(kg)
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC+スーパーチャージャーV10DOHC+ターボ
総排気量(cc)29944991
最高出力[kW(ps)rpm]213(290)/4850-6800426(580)/6250-6700
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]420(42.8)/2500-4850650(66.3)/1500-6250
10・15モード燃費(km/L)9.4
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/80
車両本体価格(万円)861.01645.0
■発表日:平成21年1月13日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027