新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス RX 【新型車】 / navi

クルマニュース

レクサス RX 【新型車】 / navi

(2009/01/20)

従来のクロスオーバーSUVとは一線を画す
次世代プレミアムSUVとして誕生

レクサス RX450h|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、450hに写真の専用色クォーツホワイトクリスタルシャインを含む全10色が、350には全9色が用意されている
コンセプト
より豊かなライフスタイルを提案する
新世代クロスオーバーSUV
世界市場を睨んだグローバルカーとしてだけでなく、クロスオーバーSUVという新たなジャンルを切り拓いたハリアー。そのデビューから10年が経ち、3代目は新たにRXの名前が与えられ、レクサスブランドから登場した。
前述の通り日本国内では“ハリアー”の名前で親しまれていたモデルだが、レクサスブランドに移行されたことで、高級セダンに匹敵する快適さとスタビリティのある走りが両立。ナビをセンターコンソール上で操作できるリモートタッチやヘッドアップディスプレイ、ハイブリッドシステム+E-Fourなど、よりオーナーの満足度を高める先進技術や機能、快適装備が採用され、優れた安全性能と環境性能が両立された次世代型プレミアムSUVが目指されている。
バリエーション
環境性能が考慮されたエンジン
優れた運動性能をも実現
グレードは、ハイブリッドシステムを搭載した450hと、3.5L V6エンジンの350の2種に大きく分かれ、それぞれにベーシックグレード、バージョンS、バージョンLが設定。
450hにはレクサス初となるアトキンソンサイクル3.5L V6DOHCを用意。低燃費かつ低エミッションが図られた環境エンジンながら最高出力245psを発揮し、高出力モーター(フロント:167ps/リア:68ps)と組み合わされることで、4.5L車並のパワーと10・15モード燃費18.8km/Lという燃費性能の両立が実現された。一方、350には最高出力280psを発揮する3.5LV6DOHCが搭載されている。組み合わされるミッションは、450hはCVT、350が6ATだ。
駆動方式は、450hは4WDのみとなるが、350には2WD(FF)も用意。両モデルともバージョンLでは、電子制御エアサスペンションを選択することも可能となっている。
価格は、RX450hが570万円から650万円(バージョンL エアサスペンション)までとなり、RX350は460万円(FF)から565万円(4WD/バージョンL エアサスペンション)となる。
内外装
クロスオーバーSUVらしい
力強い造形で洗練されたデザイン
外観は、フェンダーとホイールアーチを一体化させたサイドビューにより、前後の造形が見事に融合。さらにリアは踏ん張り感を強調させた力強いリアホイールフレアが採用され、ルーフラインとクォーターピラーのシルエットも印象的だ。加えてコンビネーションランプは横基調のクリアレンズが採用され、奥行きが強調されている。また、RX450h専用デザインとして、縦バータイプのフロントグリルやエクステンション部にハイブリッド専用色のブルーが施された前後ランプなどが採用された。
内装は、新感覚のコックピットが目指され、無駄のない視線移動を実現することで機能性と高級感を両立。さらに8Wayパワーシートやナビ画面上のポインターやカーソルを操作できるリモートタッチ、フロントウインドウで各種情報を確認できるヘッドアップディスプレイ、高性能オーディオシステムなど、オーナーの満足度を高める先進&快適装備もふんだんに採用されている。
POINT
1基本的なフォルムは同一ながら
450hと350で細部の意匠が異なる
レクサス RX350 リアスタイル|ニューモデル速報
2新感覚のコックピットを目指し
世界初白色有機ELを採用
レクサス RX450h インパネ|ニューモデル速報
3ナビ画面を指でなぞるように
遠隔操作できるリモートタッチ
レクサス RX リモートタッチ|ニューモデル速報
4横方向のゆとりが十分確保され
使いやすい形状のラゲージ
レクサス RX ラゲージ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードRX450hRX350
駆動方式4WD2WD(FF)
トランスミッションCVT6AT
全長×全幅×全高(mm)4770×1885×1690
ホイールベース(mm)2740
車両重量(kg)20901870
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3456
最高出力[kW(ps)rpm]183(245)/6000206(280)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]317(32.3)/4800348(35.5)/4700
10・15モード燃費(km/L) 18.89.7
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/65プレミアム/72
車両本体価格(万円)570.0460.0
■発表日:平成21年1月19日 ■取り扱い:レクサス店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Eクラス de|世界初の「ディーゼル+プラグインハイブリッド」の乗り味はスポーツセダンそのもの!(2020/02/07)
【試乗】アウディ TTロードスター|成熟した大人のオープンカー。サスペンションの動きに進化を感じる(2020/02/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027