新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ インサイト 【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ インサイト 【新型車】 / navi

(2009/02/05)

ホンダならではの軽量&小型ハイブリッドシステムを採用
誰もが身近に楽しめるエコカーが目指された

ホンダ インサイト|ニューモデル速報
↑取り回しを考慮し、ボディサイズは5ナンバーサイズとなる。ボディカラーはブリリアントスカイ・メタリックやミラノレッドなど、全7色が用意されている
コンセプト
ホンダの持てる技術が全て投入され
誰にもやさしいハイブリッドカーを実現
新型インサイトは、かつて同名で販売されていたホンダ初のハイブリッドカーとは異なり、実用性に優れた5人乗り5ドアハッチバックとして登場した。ボディサイズは、全長4390×全幅1695×全高1425mmと5ナンバーサイズに収まるコンパクトなもので、誰にでも扱いやすくエコをもっと身近に楽しめる車、というインサイトのコンセプトを体現している。そして、そのコンパクトなボディを実現するため、ハイブリッドシステムにはシンプルかつ軽量&小型なものが採用された。
システムの特徴としては、主役はあくまでもエンジンで、大きなパワーが必要なときにモーターがエンジンをアシストするという点が挙げられ、トヨタのハイブリッドシステムとの大きな相違点となっている。さらに低速クルーズ時や減速時、停車時にエンジンを停止することで、10・15モード燃費30.0km/Lを実現している。
バリエーション
ドライブトレーンは1種類のみだが
装備内容に違いにより3グレードが展開
新型インサイトのグレードは「G」「L」「LS」の3種で、グレードの違いは装備内容の差となっている。搭載されるエンジンは88psを発揮する1.3L i-VTECのみで、そのエンジンとミッションの間に薄型DCブラシレスモーター(12.3ps/14kg-m)を搭載。ミッションは全グレードCVTのみの設定となるが、最上級グレードであるLSには7スピードモードが装備される。
前述の通りハイブリッドシステムは軽量&小型が特徴だが、モーターとともにシステムを構成する重要なパーツであるバッテリーも小型化が追求され、ラゲージ下にレイアウト。フラットなラゲージルームを実現するとともに重心も低くでき、走りの安定感の向上が図られている。
価格は、ベーシックグレードであるGが189万円、Lが205万円、最上級グレードであるLSは221万円だ。
内外装
取り回しの良いコンパクトなボディながら
広く実用的な室内空間を実現
燃費性能を左右する空力性能に注力されたボディは、5ナンバー枠に収まるコンパクトボディながら、流れるようなフォルムの採用やドアミラー形状に工夫をこらすことで、世界トップクラスの空力ボディを実現。その上で、フロント左右に三角窓、リアゲートハッチにエクストラウインドウが設けられ、良好な視界が確保され、日常生活で使いやすいデザインが目指された。
一方インテリアは、宇宙船をイメージさせる近未来的なデザインのマルチプレックスメーターを採用。情報が見やすいだけでなく、各種操作スイッチがメーター回りに配置され、操作性も高い。また、燃費優先制御を自動的に行うECONモード、メーターの色が変わることで燃費状況を視覚的に伝えるコーチング機能、運転のエコ度を採点するティーチング機能の3つを備えた「エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム」が採用されている点も注目だ。
その他、室内各所に収納ポケットが設けられ、リアシートもワンアクションで倒すことができるなど、使い勝手も高い。
POINT
1エクストラウインドウが採用され
安全性を高める後方視界を確保
ホンダ インサイト リアスタイル|ニューモデル速報
2視覚的に低燃費運転をアシスト
マルチプレックスメーターを採用
ホンダ インサイト インパネ|ニューモデル速報
3小型バッテリーの採用により
ラゲージ容量は最大400Lを実現
ホンダ インサイト ラゲージ|ニューモデル速報
4エンジンとミッションの間に
高出力かつ小型のモーターを搭載
ホンダ インサイト エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードGLLS
駆動方式2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4390×1695×1425
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)11901200
乗車定員(人)5
エンジン種類直4SOHC
総排気量(cc)1339
最高出力[kW(ps)rpm]65(88)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]121(12.3)/4500
10・15モード燃費(km/L)30.028.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40
車両本体価格(万円)189.0205.0221.0
■発表日:平成21年2月4日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027