新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ C30 2.0e/S40 2.0e/V50 2.0e 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

ボルボ C30 2.0e/S40 2.0e/V50 2.0e 【追加モデル】 / navi

(2009/02/19)

300万円以下の戦略価格のエントリーモデルがC30、S40、V50に追加

  • ボルボ C30 2.0e|ニューモデル速報
  • ボルボ V50 2.0e|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、シルバーメタリック、ブラックサファイヤメタリック、パッションレッド、アイスホワイトの4色が3モデル共通。加えてC30にはブリリアントブルーパールとコスミックホワイトメタリックが、S40/V50にはカメレオンブルーパールとサヴィルグレーパールが用意される
ボルボはコンパクトクーペのC30、スタイリッシュサルーンのS40、スポーツワゴンのV50に、新しいエンジン&ミッションが搭載されたモデルを追加するとともに、一部改良を実施した。

新グレードは、C30、S40、V50ともに共通で「2.0e」と名付けられ、可変吸気システムを採用した2L直4DOHCエンジンを搭載する。最高出力145ps、最大トルク18.9kg-mを発揮するこのエンジンは、新開発の6速ギアトロニック付パワーシフト・トランスミッションと組み合わされ、スポーティな走りとともに通常のATを上回る燃費性能も実現している。
また、2.0eには装備差により「Powershift」と「Aktiv」の2グレードが用意され、上級モデルであるAktivには、ハイパフォーマンス・オーディオシステムや本革巻ステアリング&シフトノブ、バイキセノンヘッドライトなどが標準で装備される。一方、エントリーモデルに位置づけられるPowershiftは前述の装備が省かれるが、3モデルともに300万円を切る価格設定がなされた点が魅力だ。

一方、一部改良はC30、S40、V50の中核モデルである2.4i SEに実施。価格は据え置きながら従来はオプション装備だった本革シートやプレミアムサウンド・オーディオシステム、本革巻シフトノブ(C30はもともと標準)、アクティブ・バイキセノンヘッドライト(C30除く)、リアルーフスポイラー(C30のみ)が標準装備化された。

価格は、新グレードの2.0e Powershiftは、C30が279万円、S40が289万円、V50が299万円。2.0e Aktivは、C30が314万円、S40が324万円、V50が339万円。
2.4i SEは価格据え置きで、C30が355万円、S40が370万円、V50が399万円。
グレードC30 PowershiftS40 PowershiftV50 Aktiv
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4250×1780×14304475×1770×14504520×1770×1480
ホイールベース(mm)2640
車両重量(kg)138014101430
乗車定員(人)45
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1998
最高出力[kW(ps)rpm]107(145)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]185(18.9)/4500
10・15モード燃費(km/L)11.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/55
車両本体価格(万円)279.0289.0339.0
■発表日:平成21年2月19日 ■取り扱い:ボルボ ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027