新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサハッチバックSTI 【追加モデル&一部改良】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサハッチバックSTI 【追加モデル&一部改良】 / navi

(2009/02/25)

2.5Lターボ搭載の新グレードを追加、従来モデルは一部改良

スバル インプレッサハッチバック WRX STI A-Line|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真の新色サテンホワイト・パールを含む全6色が用意された
インプレッサハッチバックのハイパフォーマンス版として高い人気を誇るWRX STIに新グレード「WRX STI A-Line」が追加されるとともに、一部改良が施された。

新グレード「WRX STI A-Line」は、300ps/35.7kg-mを発生する2.5L水平対向4DOHCターボを採用。2Lターボ搭載車に対してスペックでは劣るものの、WRX STIとしては初となるオートマチックトランスミッション(パドルシフト付5AT)が組み合わされ、より幅広いユーザーに受け入れられるモデルが目指された。
装備面では、SI-DRIVEやVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)、クルーズコントロールが標準装備され、メーカーオプション装備だがブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキを装着することもできる。
加えて内装では、シルバーのダブルステッチが施されたソフトレザー表皮ドアアームレストが装備され、本革巻ATレバーの周りには金属調処理が施されたリングが奢られるなど、より上質な空間を演出することで、従来のWRX STIとの差別化が図られている。

一方、従来モデルの一部改良の内容は、運転席8ウェイパワーシート(レカロ製バケットタイプシート除く)が採用され、ヒルスタートアシストにキャンセル機能が追加された。さらにマルチモードVDCのモード切替操作の方法が変更されるなど、装備面での改良がメイン。

価格は、新たに追加されたWRX STI A-Lineが315万円。従来モデルのWRX STIは3万1500円高で、368万5500円となる。
グレードWRX STI A-Line
駆動方式4WD
トランスミッション5AT
全長×全幅×全高(mm)4415×1795×1475
ホイールベース(mm)2625
車両重量(kg)1490
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc)2457
最高出力[kW(ps)rpm]221(300)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(35.7)/2800-6000
10・15モード燃費(km/L)10.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)315.0
■発表日:平成21年2月24日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027