新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン C4/C4クーペ/C4ピカソ 【マイナーチェンジ&追加モデル】 / navi

クルマニュース

シトロエン C4/C4クーペ/C4ピカソ 【マイナーチェンジ&追加モデル】 / navi

(2009/02/27)

内外装のデザイン変更や2種類の新開発1.6L直4エンジンを採用

  • シトロエン C4|ニューモデル速報
  • シトロエン C4ピカソ 1.6Tエクスクルーシブ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、C4(写真左)およびC4クーペは新色3色、C4ピカソ(写真右)は新色2色が追加され、それぞれ全7色が用意される
外観のデザインは異なるものの、それぞれ個性的なスタイリングが特徴のC4とC4クーペ 、およびミニバンのC4ピカソにマイナーチェンジが施された。

C4とC4クーペは、従来の1.6Lエンジンに代わり、BMWと共同開発された2種類の新型エンジンが搭載された。
1種類目はNAの1.6L直4DOHCで、最高出力120ps、最大トルク16.3kg-mを発生し、C4、C4クーペの両モデルが採用する。連続可変バルブタイミング機構などの最新技術を導入することで、最高出力10ps/最大トルク1kg-mアップを実現している点が特徴だ。
2種類目は前述のエンジンにターボが装着され、最高出力140ps/最大トルク24.5kg-mを発揮。従来の2Lエンジンに匹敵する性能を実現すると同時に優れた燃費性能の両立も目指され、C4のみに搭載された。ちなみに組み合わされるミッションは、両エンジンとも4ATのみ。
その他の変更点は、外観では両モデルともフロントマスクの意匠が変更され、新デザインのアルミホイールを採用。リアコンビネーションランプもクリア化された。また、内装ではタコメーターが透過式デジタルディスプレイ内に移動され、ダッシュボードやマルチファンクションディスプレイ回りのパネル素材を変更するなど、質感の向上も図られている。
なお、C4およびC4クーペはラインナップ変更も実施。2Lエンジン搭載モデルが廃止され、C4がNAの1.6とターボの1.6Tエクスクルーシブの2モデル、クーペはNAのVTRのみとなった。

一方C4ピカソは、C4と同じ1.6L直4ターボを搭載する1.6Tエクスクルーシブの1グレードのみとなった。組み合わされるミッションは4ATと6速エレクトロニックギアボックスシステム(6EGS)で、6EGS搭載車は最高出力が10psアップの150psとなる。
排気量では従来の2Lモデルに劣るものの、パノラミックガラスルーフを含むグラスパッケージが標準装備化され、さらにオプションとしてイエローストーンカラーの本革を使用したフルレザーパッケージが用意されるなど、充実した装備が新グレードの特徴といえる。

価格はC4が、1.6が269万円、1.6Tエクスクルーシブ324万円。クーペのC4 VTRは275万円。
C4ピカソは従来モデルからの据え置きとなる377万円。
グレードC4 1.6T エクスクルーシブC4クーペ 1.6 VTRC4ピカソ 1.6T エクスクルーシブ
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション4AT6AT
全長×全幅×全高(mm)4295×1775×14804305×1775×14804590×1830×1685
ホイールベース(mm)26102730
車両重量(kg)134013201650
乗車定員(人)57
エンジン種類直4DOHC+ターボ直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]103(140)/580088(120)/6000110(150)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1400-3500160(16.3)/4250240(24.5)/1400-3500
10・15モード燃費(km/L)10.511.410.7
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)324.0275.0377.0
■発表日:平成21年2月26日 ■取り扱い:シトロエン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027