新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 7シリーズ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

BMW 7シリーズ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/03/24)

ターボエンジンや新シャーシ・システムがもたらす優れた走行性能と
実用的かつエレガントな室内空間を兼ね備えたフラッグシップセダン

BMW 7シリーズ|ニューモデル速報
↑キドニーグリルや丸目4灯ヘッドライトなど、BMWのデザイン・アイデンティティを踏襲しつつフラッグシップに相応しい存在感や、スポーティかつエレガントな雰囲気が両立されている
コンセプト
BMWならではの優れた走行性能と
旗艦モデルに相応しい快適性を両立
BMWのフラッグシップセダン、7シリーズにフルモデルチェンジが施され、「スタイル」「高級感」「優れた走行性能」を新たに解釈し直した第5世代目へと進化を遂げた。
フォルム自体はキープコンセプトながら、新しいシャーシ・システムを採用。さらに4つのモードを備えたダイナミック・ドライビング・コントロールや、フロントタイヤだけでなくリアタイヤも操舵することで、中低速時の俊敏性&取り回しの向上と高速時の走行安定性を高めるインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングをBMW車として初めて採用するなど、BMWならではの優れた走行性能が目指された。
加えて、走る歓びを最小限のエネルギーで追求する「BMW EfficientDynamics」の理念に基づき、ルーフや前後ドア、ボンネット、フロントフェンダーをアルミニウム合金製とすることで軽量化を達成。エンジンへの負荷を抑えることで消費燃料を抑えるブレーキ・エネルギー回生システムとともに、走行性能を犠牲にすることなく、優れた環境および低燃費性能も実現されている。
バリエーション
2種類のターボエンジンに加え
ロングホイールベース車も設定
新型7シリーズのグレードは、「740i」「740iL」「750i」「750iL」の4種。搭載されるエンジンは、740にはそれまでのV8に代わり、パラレルツインターボを搭載した3L直6DOHCを採用。小排気量化されたが、最高出力326ps/最大トルク45.9kg-mと、先代モデルに対し+20ps/+6.1kg-mを実現。一方、750もツインターボが採用されたV8DOHCが搭載され、最高出力407ps/最大トルク61.2kg-mと、V12エンジンに匹敵する性能が確保されている。
また新型7シリーズでは、ボディ、ホイールベースともに140mm延長されたロングホイールベースバージョンである「iL」を740、750両モデルに設定。ミッションは全車、エレクトロニック・ギア・セレクターを装備した6ATとなる。
ちなみにボディカラーは、アルピン・ホワイトIIIやブラックII、チタン・シルバー、ブラック・サファイアなど全9色。価格は740iが1010万円、740iLが1080万円、750iが1200万円、750iLが1330万円。
内外装
内外装ともにスポーツ性と
エレガントさの両立を実現
外観は、縦方向に拡大されたキドニーグリルや丸目4灯ヘッドライト、L字形リアコンビランプなど、BMWのアイデンティティを踏襲しつつクーペを彷彿とさせるルーフラインがスポーティさを演出。内装はフラッグシップに相応しいラグジュアリーさが実現され、さらにダッシュボード上部にディスプレイ類を、下部にコントロール類を分けて配することで、視認性と操作性の向上も図られた。また、センターコンソールは運転席側に角度を付けて向けられ、新型7シリーズがドライバーズセダンであることが主張されている。
装備類では、iLにはリアシートにマッサージ機能やベンチレーション機能が搭載され、さらに4ゾーン・オートマチック・エアコンディショナーなどを採用することでコンフォート機能を充実。また、オプション設定だがサイド・ビュー・カメラやレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、歩行者検知機能付BMWナイト・ビジョンなど、安全性を向上させる装備もふんだんに用意されている。
POINT
1伝統のL字型リアランプを採用
クロームバーがワイド感を強調
BMW 7シリーズ リアスタイル|ニューモデル速報
2ラグジュアリーかつモダン
さらに機能美まで追求されたインテリア
BMW 7シリーズ インパネ|ニューモデル速報
3+14cmのiLは圧倒的な広さの
ニー&ヘッドルームを実現
BMW 7シリーズ リアシート|ニューモデル速報
4直6&V8エンジンともに
ツインターボを採用
BMW 7シリーズ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード740i740iL750i750iL
駆動方式2WD(FR)
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)5070×1900×14905210×1900×14855070×1900×14905210×1900×1485
ホイールベース(mm)3070321030703210
車両重量(kg)1980203020402190
乗車定員(人)5
エンジン種類直6DOHC+ターボV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)29794394
最高出力[kW(ps)rpm]240(326)/5800300(407)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]450(45.9)/1500-4500600(61.2)/1750-4500
10・15モード燃費(km/L)7.86.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/82
車両本体価格(万円)1010.01080.01200.01330.0
■発表日:平成21年3月24日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027