新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ウィッシュ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ ウィッシュ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/04/02)

スタイリッシュなフォルムと快適な居住空間を両立
多彩なライフスタイルに対応するマルチプレイヤー

トヨタ ウィッシュ|ニューモデル速報
↑グレードごとに全幅は異なり、ワイドフェンダーに加え、オーバーフェンダーも装着されるスポーティな最上級グレード「2.0Z」では、その全幅は1745mmに達する
コンセプト
2種類のVVT-i仕様直4エンジンと
CVTのコンビで優れた走りと燃費を両立
スタイリッシュなフォルムと、手頃なボディサイズながら7人乗車が可能な機能性の高さで人気を博したウィッシュにフルモデルチェンジが施された。
新型のテーマは“Smart Multi Player”WISH。軽快かつスポーティなキャラクターやユーティリティの高さなど、先代モデルのコンセプトは踏襲しつつ快適性や日本での取り回しの良さが追求されている点が特徴。
搭載されるエンジンは直4DOHCで、1.8Lと2Lの2種類の排気量が用意される。どちらのエンジンもバルブマチック(VVT-i)が装備され、そのパフォーマンスは前者が144ps/17.9kg-m、後者が158ps/20.0kg-mと従来モデルに対し+12ps/0.6kg-m、+3ps/0.4kg-mのアドバンテージを得ているが、全車CVTとの組み合わせにより、1.8L(2WD)車が平成22年度燃費基準+20%、2L車も平成22年度燃費基準+15%をクリアし、さらに全車が平成17年基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得するなど、優れた燃費性能も実現されている。
内外装
スタイリッシュなフォルムと
ゆとりある居住スペースを両立
トヨタのデザインフィロソフィ「VIBRANT CLARITY(活き活き・明快)」を基に、モノフォルムシルエットは踏襲。フロントマスクではヘッドライトが縦長のものから横長のスタイリッシュなデザインに変更され、サイドビューではセンターピラーをブラックアウト化することで、フロントからリアまでガラスが連続するイメージを演出。一方リアもコンビランプが横基調に一新され、スポーティ感が増した。
インテリアも飛行機の翼をイメージしたインパネや外周部が金属調となったメーター、カラーステッチが施されるステアリング&シフトノブなど、スポーティなアイテムがちりばめられている。さらに前席に薄型シートバックを採用することで、2列目席の足元スペース拡大が図られるなど、快適な室内空間の確保が目指された。
装備面では、環境に優しい運転をサポートしてくれるエコドライブインジケーターの採用が注目。現状のアクセルの踏み具合とエコ運転の範囲を示すインジケーターが表示され、エコ運転中なら「ECO」マークが点灯し、ドライバーに知らせてくれる。
バリエーション
グレードごとに異なる全幅
1.8L車には4WDモデルも用意
新型ウィッシュのグレードは、1.8Lを搭載する「1.8X」「1.8S」、2Lを搭載する「2.0G」「2.0Z」の4モデル。1.8L車には4WDモデルも用意されるが、2L車はFFのみ。また従来モデルと同様にモデルごとで全幅がことなり、1.8Xと2.0Gは5ナンバー枠に収まる1695mm。対してエアロボディとなる1.8Sは1720mmで、さらにオーバーフェンダーが追加される2.0Zは1745mmとなる。加えて2.0Zは2列目シートがキャプテンシートとなり、乗車定員は6名だ。
ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインやレッドマイカメタリック、ダークブルーマイカなど、全8色が揃う。価格は1.8X(2WD)の184万円から2.0Zの248万円まで。
POINT
15ナンバー枠に収まるコンパクトな
ボディながら7人乗車が可能
トヨタ ウィッシュ リアスタイル|ニューモデル速報
2飛行機の翼がイメージされた
スポーティかつ上質なインパネ
トヨタ ウィッシュ インパネ|ニューモデル速報
3座り心地のよいクッションを採用
3列席も実用的なスペースを実現
トヨタ ウィッシュ 2列目&3列目シート|ニューモデル速報
4フル乗車でも155Lの容量を確保
ゴルフバッグ横置き収納も可能
トヨタ ウィッシュ ラゲージ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード1.8X1.8S2.0G2.0Z
駆動方式2WD(FF)4WD2WD(FF)
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4590×1695×15904590×1720×16004590×1695×15904590×1745×1600
ホイールベース(mm)2750
車両重量(kg)1340144013801420
乗車定員(人)76
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)17971986
最高出力[kW(ps)rpm]106(144)/640098(133)/6400116(158)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]176(17.9)/4400164(16.7)/4400196(20.0)/4400
10・15モード燃費(km/L)16.014.415.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)184.0227.9226.0248.0
■発表日:平成21年4月2日 ■取り扱い:ネッツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027