新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/04/10)

TSIエンジンや7速DSG、ニーエアバッグなど最新装備を採用
クラスを超えた高品質と優れた燃費性能を実現

フォルクスワーゲン ゴルフ|ニューモデル速報
↑フォルムは、水平基調のラインなど初代ゴルフを彷彿とさせるデザインエレメントを踏襲しつつシンプル&スポーティに仕立てられている
コンセプト
TSIエンジンや7速DSGの採用により
優れた動力性能と低燃費を両立
輸入車の大ヒットモデルとしての地位を確立し、同クラスのベンチマークともなっているゴルフにフルモデルチェンジが施され、6代目へと進化を遂げた。
新型は先代モデルに対してボディ剛性やシャーシ性能、高効率パワートレーンなどに磨きがかけられ、動力性能はもちろん安全性や環境性能も大幅に向上されている点が特徴だ。
搭載されるエンジンは、1.4L直4DOHC「TSI」エンジン。小排気量ながらターボまたはツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)が組み合わされ、前者で122ps/20.4kg-m、後者も160ps/24.5kg-mと、2L NAエンジン並のパフォーマンスが実現されている。
加えてミッションにダブルクラッチギアボックスの7速DSGを採用することにより、10・15モード燃費がターボ車でフォルクスワーゲンとして過去最高の数値である16.8km/L。ツインチャージャー車も先代モデルを16%上回る16.2km/Lという、優れた燃費性能が実現された。
そのほか、衝突時にステアリングコラムやインパネと接触し、膝を負傷する危険性を防ぐ運転席ニーエアバッグが採用されるなど、高い安全性も確保されている。
内外装
シンプルかつスポーティな外観と
クラスを超える高品質な内装
全長4210×全幅1790×全高1485mmと、先代モデルとほぼ同サイズとなるボディ。特徴的な左右のヘッドランプを水平に繋いだフロントグリルは初代ゴルフをイメージさせる。さらにバンパー下部のブラックラジエーターグリルや強調されたキャラクターラインなどが採用され、シンプルながらもスポーティなデザインに仕上げられている。
一方インテリアは、遮音フィルムを挟み込んだフロントウインドウやソフトな素材のダッシュボード、パサートCC譲りのレザーステアリングなど、クラスを超える高品質さが魅力。さらに室内各所に騒音の侵入を防ぐ遮音材がふんだんに配され、上級モデルに匹敵する静粛性が実現された。
装備面では、運転席と助手席それぞれ独立して温度や風量の調整が可能な2ゾーンフルオートエアコンやクルーズコントロール、パークディスタンスコントロールなどが用意されるなど充実している。
バリエーション
エンジン性能と装備類が異なる
2グレードをラインナップ
6代目ゴルフのグレードは、まずTSIコンフォートラインとTSIハイラインの2種類での登場となった。2つのグレードの違いは搭載されるエンジンと装備類。1.4L直4DOHCは同じだが、前者はターボ仕様、後者はターボとスーパーチャージャーを備えたツインチャージャー仕様となる。また装備類では、上級グレードであるTSIハイラインには、パドルシフトやパークディスタンスコントロールなどが標準で装備される。
ボディカラーは、キャンディホワイトやアマリリスレッドメタリック、ディープブラックパールエフェクトなど5色が用意されている。価格はTSIコンフォートラインが275万円、TSIハイラインが312万円となる。
POINT
1良質な素材や高い質感だけでなく
機能性にまでこだわったインテリア
フォルクスワーゲン ゴルフ インテリア|ニューモデル速報
2ホールド性と快適性を両立した
座り心地のよいシート形状を採用
フォルクスワーゲン ゴルフ スライドドア|ニューモデル速報
3ステアリングから手を離さずに
シフトチェンジが可能なパドルシフト
フォルクスワーゲン ゴルフ ユーティリティ|ニューモデル速報
4ATとMTの利点を兼ね備えた
7速DSGを採用
フォルクスワーゲン ゴルフ エンジン|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードTSI コンフォートラインTSI ハイライン
駆動方式2WD(FF)
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4210×1790×1485
ホイールベース(mm)2575
車両重量(kg)12901340
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ直4DOHC+ターボ
+スーパーチャージャー
総排気量(cc)1389
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000118(160)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1500−4000240(24.5)/1500ー4500
10・15モード燃費(km/L)16.816.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/55
車両本体価格(万円)275.0312.0
■発表日:平成21年4月9日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027