新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサWRX STI A-Line 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサWRX STI A-Line 【追加モデル】 / navi

(2009/05/20)

STIならではの走りを5ATで楽しめる
まさに大人のスポーツカー

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
待望のAT車を追加。300馬力を発生する2.5Lエンジンを搭載
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line シフトレバー|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line パドルシフト|ニューモデル試乗
6MTのみだったWRX STIに待望の5AT仕様を追加。ライバルは欧州のスポーツハッチで、MT車と異なる2.5Lエンジンを搭載するなど幅広いユーザーに対応した。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
普段の足としても十分使える良好な乗り心地
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line 走り|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line アルミホイール|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line メーター|ニューモデル試乗
STIなので硬さはもちろんあるが乗り心地は普段使いでも快適。その秘密はシートにあるそうだ。加速は少し踏むだけでも十分以上。ズバリ、これは楽しい!
SPACE室内空間の広さや演出を解説
本革シートやドアアームレストを専用タイプに設定
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line フロントシート|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line SI-DRIVE|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line ルーフエンドスポイラー|ニューモデル試乗
MT車と違う部分は少ないが、運転席8ウェイパワーシートの設定や本革シートをメーカーオプション化。ドアアームレストは専用のステッチ処理が施される。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
STIのもつ走りの楽しさをより多くの人が味わえる
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line リアスタイル|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line エンブレム|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサWRX STI A-Line インパネ|ニューモデル試乗
本当は乗ってみたいのにMT仕様だけだから、と二の足を踏んでいた大人にお勧め。事実こうしたユーザーに好評で、販売も好調。まさに大人のスポーツカーだ。
SPECIFICATIONS
グレード A-Lineプレミアムパッケージ
駆動方式 4WD
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4415×1795×1475
ホイールベース(mm) 2625
車両重量(kg) 1490
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc) 2457
最高出力 221kW(300ps)/6200rpm
最大トルク 350N・m(35.7kg-m)/2800ー6000rpm
車両本体価格 336.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

オーディオやナビなどはすべてオプション。ただしスピーカーは4つ最初から装備されているので好みのものを選べばよい。

SAFETY(安全性)

走る・曲がる・止まるにフォーカスしたクルマなのでVDCやキセノンランプ、サイドエアバッグも標準装備される。

ECO(環境性能)

平成17年基準低排出ガス性能は50%達成で4つ星を獲得。パフォーマンスの高さは認めるが、もう少し性能向上を期待!

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は10.0km/L。これは搭載するSI-DRIVEがインテリジェントモード時の数値。実用燃費はやや厳しめか。

VALUE(バリュー)

環境性能などは今後の課題だが、やはりSTIの走りをATでも味わえるようになったのは魅力。MT車同様、商品力は高い。

総合評価
14
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
10
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027