新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧クラウンマジェスタ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

クラウンマジェスタ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/05/21)

“日本力”を見事に仕上げた名作
もっと世界に自慢したいトップ・オブ・トヨタ

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
LS460と同じ4.6Lを搭載し、トップ・オブ・トヨタを担う
  • トヨタ クラウンマジェスタ エンジン|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ シフトレバー|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ 後席コンフォータブルエアシート|ニューモデル試乗
マジェスタとしては5代目、セルシオがレクサスLSへ実質移管されてからは初となる新型は、まさに「トップ・オブ・トヨタ」の重責を担うことになる。エンジンはFR車がLS同様の4.6L V8、4WD車が4.3L V8を搭載。いずれもマジェスタ用に走行・環境性能を向上させる専用チューニングが施されている。ATはFR車が8速、4WD車は6速が組み合わされる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
まさに「日本」を体現する驚くべき静粛性の高さ
  • トヨタ クラウンマジェスタ 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ アルミホイール|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ 電動オットマンシート|ニューモデル試乗
静かである。それが第一に感じることだ。「静粛性の向上」と言うのは簡単だが、それでもどこかから音が侵入してくる、という車も少なくない。しかし、欧州の高級車とは一線を画す、この「日本」を代表する車は(かなり)遮音に関しては徹底していると言っていいだろう。エアサスの進化も見事だが、要は極めて快適な空間で移動できるのだ。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
装備も素晴らしいが後席の乗降性に注目
  • トヨタ クラウンマジェスタ フロントシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ リアシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ 後席大型ヘッドレスト(サイド部可動)|ニューモデル試乗
国内での使用を考慮し、全長は5m以内に抑えながらホイールベースを75㎜も拡大。こんな難しい要件をよくクリアしたものだと感動すら覚える。さらにこの拡大分をすべて後席の居住性向上のために使ったという点もスゴイ。もちろん快適であることは言うまでもないのだが、実は後席の乗降性がもの凄く良くなっている。こういう部分がとても大事なのです。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
高級車における“日本力”を見事に仕上げた名作である
  • トヨタ クラウンマジェスタ リアスタイル|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ ラゲージ|ニューモデル試乗
  • トヨタ クラウンマジェスタ インパネ|ニューモデル試乗
法人需要も多いマジェスタだが、高級車ゆえにライバルは欧州の名だたる車だったりする。しかし、日本専用、日本人の嗜好をもっとも理解した作りは、陳腐と言われるかもしれないが、「匠( たくみ)」の世界。前述した静粛性も含め、日本がもつ独自の技術=日本力(にっぽんりょく)の集合体と言える。こんな名車、もっと世界に自慢していい。
SPECIFICATIONS
グレード Gタイプ“Fパッケージ”
駆動方式 FR
トランスミッション 8AT
全長×全幅×全高(mm) 4995×1810×1475
ホイールベース(mm) 2925
車両重量(kg) 1820
乗車定員 4人
エンジン種類 V8DOHC
総排気量(cc) 4608
最高出力 255kW(347ps)/6400rpm
最大トルク 460N・m(46.9kg-m)/4100rpm
車両本体価格 790.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

高級車らしく、フル装備なので満点。試乗したGグレードはその装備自体をさらに上質に高めた仕様であることがポイント。カーナビ&地デジ、そして20スピーカーのオーディオはなかなかのものです。

SAFETY(安全性)

ミリ波レーダーによるプリクラッシュセーフティはGグレードに標準装備。これらをさらに進化させ、前側方や後方からの追突時に有効なシステムをオプション設定するなど今後の進化を予感させる。

ECO(環境性能)

平成17年基準排出ガスは75%低減レベルなので星4つと優秀。車両重量1770kg以上のFR車は平成22年度燃費基準達成車となる。試乗したG“Fパッケージ”の車両重量は1820kgなのでこれに該当する。

MILEAGE(燃費)

G“Fパッケージ”の10・15モード燃費は9.1km/L。4WD車は8.6km/Lだが、ATの多段化やECOインジケーターの装備などで実用燃費の改善に対しての工夫が数多くされている点は評価できる。

VALUE(バリュー)

このご時世ではあるが、発売開始後の1カ月間で月販目標1000台に対し、倍となる2000台の受注が入ったという。正直今後のセールスは厳しいことも予測されるが、日本が誇るこの高級車の価値は高い。

総合評価
18
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027