新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW Z4がフルモデルチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

BMW Z4がフルモデルチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/05/21)

走りとスポーティの演出が巧みに進化

「BMWの走りが変わり始めた!」。新型7シリーズですでにその傾向を感じてはいたけれど、今回、スポーツモデルの新型Z4に試乗して、改めてその思いを強くした。

ここ数年のBMWは明らかにアジリティ重視の傾向が強く、特にアクティブステアリング採用以降に顕著だった。車の動きがシャープで過敏。それがBMWのスポーツイメージを高めていた感は否めない。受け入れられなかった人以上に好きな人も多かっただろうし、わかりやすい個性の演出だったから否定はしない。けれども、それ以前の、例えばE46 3シリーズのような絶妙な味つけに惚れたことのある身としては、ちょっと演出過剰な気がしてならなかったのだ。今回は明らかに、その雰囲気へと戻りつつある。

これにはアクティブステアリングの熟成と、ランフラットタイヤの進化が寄与しているのだと思う。いずれも昔ほどの違和感はなくなった。前者は、アクセルレスポンスやシャーシダンピング、シフトスケジュールなどとの統合制御によってより使いやすいものとなったし、第三世代に入ったといわれる後者もほとんどノーマルタイヤと変わらぬ性能を発揮する。そんな背景もあってか、新型Z4の走りは、以前に比べるとより洗練された、どちらかと言えばGTカー寄りのものという印象が強い。

もちろん、スポーツ性は間違いなく向上している。統合制御のDDCをスポーツ+にすれば、300psオーバーの直噴直6ツインターボエンジンのパフォーマンスが7速ダブルクラッチシステムによってフルに引き出され、Mモデルも真っ青な走りを見せつけるのだ。特に4500回転を超えたあたりからのサウンドと、背中の後ろでけり飛ばされるようなFR独特のライドフィールは、スポーツカーとして最上のものの一つ。そのあたりの性能と演出は、旧型を大きく上回る。

けれども、なお、上質になったと思わせる何かがある。

例えば、足の動き。よく動く前足はスポーツドライブに最適だが、その一方で、動きの一つ一つの質感が非常に高く、それを確かめながらのドライブが気持ちいい。ややもすると、スピードを上げずに、その一挙一足を味わっている自分がいる。そう、ゆっくり走っていても気持ちのいいビーエム、なのだ。そこが、最近のBMWとはちょっと違う。

リトラクタブルハードルーフ仕様になったことも大きい。小型の開閉式ハードルーフモデルとしては異例にエレガントなクローズドスタイル(内外装ともにコンセプトデザインを女性が手がけた)である。そういう意味では、走りとスタイルの調和が取れているとも言える。アルミニウム製ハードルーフは重量も軽く、開閉前後で走りのバランスを大きく崩していないのも印象的だった。開閉時間はおよそ20秒。走行中の開閉は不可。

ノーマルモードでの乗り心地はソフトではない。芯をゴムで包んだような硬さはあるが、助手席の不平は最低限に抑えられそう。それよりも高速域での安定感が増した。フラットで非常に気分がいい。やはりGTカー的要素が濃くなったように思う。

グレード紹介をしておこう。直噴直6ツインターボを積む最上級グレードは、sドライブ35iである。sドライブとは、リムジンシリーズ以外で2WDを意味するもの。本国には6MT仕様もあるが、日本へは7速DCTのみが導入されるた。その他、sドライブ30iという3L直6自然吸気モデルも存在するが、日本への導入予定はない。代わりに、2.5L直6のsドライブ23iがやってくる予定だ。こちらには6ATが組み合わされる。

今回登場した車、メーカーたち

BMW Z4(旧型)

フルモデルチェンジしたばかりとあって旧型の相場は今後注目だ

ライバルの車たち

M・ベンツSLK

SLRを彷彿とさせるようなフロントマスクが特徴的

ポルシェボクスター

軽快感よりも重厚感に傾きつつあるように感じるオープンカー

アウディTTロードスター

ライバルに比べると思いのほか高値安定している中古車相場

M・ベンツSL

現行型でもマイナーチェンジ前なら同じくらいの予算でゲットできる

トヨタソアラ

200万円台からこんな車が狙えると思えば、かなりの穴場

M・ベンツSLK AMG

Z4の新車価格で、こんな車も十分狙える

フォトコレクション

写真:300psオーバーのZ4へと進化|試乗by西川淳
300psオーバーのZ4へと進化

フラッグシップモデルである35iが搭載するのは、直噴を採用した3L直6ツインターボエンジン。最高出力は306psで0→100km/h加速は5.1秒と発表されている

写真:フロントよりも大胆に変更|試乗by西川淳
フロントよりも大胆に変更

フロントデザインは旧型の面影を感じさせるが、リアはグッと大胆に変えてきた。これまでZ4はZ3やXモデル同様、アメリカ工場で生産されていたが、今後はドイツで生産される

写真:リトラクタブルハードトップを採用|試乗by西川淳
リトラクタブルハードトップを採用

開閉に要する時間は20秒弱。マツダロードスターよりは遅いが、どことなくエレガントに見えるのはひいき目か? 今後は幌のオープンカー、減っていくんでしょうね

写真:本革は熱くなりにくい|試乗by西川淳
本革は熱くなりにくい

昨今のBMWのオープンモデルは、サン・リフレクション・テクノロジーと呼ばれるレザー加工が施されているらしい。停車中に車内の温度が上昇しても、本革が熱くなりにくい

写真:Z3から進化したとは思えない高品質ぶり|試乗by西川淳
Z3から進化したとは思えない高品質ぶり

どことなくカジュアルな印象が強かったZ3やZ4だが、今回のは質感がメチャメチャ高い。やや大衆寄りだったZ4が、高級志向へと舵を向けたのは間違いないだろう

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
keep
【新型】ダイハツ タント|肝いりの新プラットフォームと最新運転支援装備で、使い勝手を極限まで高めた軽自動車に超進化(2019/08/15)
9
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
10
up
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027