新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサスIS250C 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

レクサスIS250C 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2009/05/28)

枯れるにはまだ早い大人たちのためのオープンカー

  • レクサスIS250C フロントスタイル(オープン)|ちょい乗り試乗
  • レクサスIS250C フロントスタイル(クローズ)|ちょい乗り試乗
レクサスISに4シーターオープンの250Cが新たに加わりました。久々となる国産オープンカーの新車種です。幌ではなく3分割式のアルミ製ルーフ。20秒で開閉します。そのルーフ開閉の模様は下の動画でご覧ください。

国産としては久々のオープンカー、ですがレクサスにはすでにSCがあります。あちらが4.3Lなのに対し、こちらは2.5Lとやや控えめ。それもあって、価格は495万円とSCより200万円以上も安く、BMW 335iより300万円以上も安いのです。
ちなみにサイズはBMW 335iより少し大きく、下記のようになっています。
IS250C:全長4635mm×全幅1795mm×全高1415mm
335i:全長4590mm×全幅1780mm×全高1385mm

乗ってみると、明らかにBMW 335iとはまるで方向性が違うということがわかります。また、SCとも異なります。335iほどスポーツカー的ではなく、とはいえSCよりはスポーティ。というか、クローズ時のドライバーズシートはISそのもの。試乗したのがまだおろしたてということもあり、段差を超えてもミシッともいわない強固なボディ剛性まで「ISらしい」と感じさせるものです。
  • レクサスIS250C リアスタイル(オープン)|ちょい乗り試乗
  • レクサスIS250C リアスタイル(クローズ)|ちょい乗り試乗
  • レクサスIS250C インパネ|ちょい乗り試乗
素のIS自体、年を追うごとに硬めの乗り心地がしなやかになっています。とはいえそれはあくまでも、「トヨタ」イメージとは違う、芯のあるしなやかさ。ステアリングも素直で、ダルくもなくクイックすぎない。それがオープンカーでも(オープン時でも)まったく遜色なく味わえるのです。
レクサスブランドが登場してはや4年近くたち、そのあたりの「レクサス味」が、少しずつ折り重なってしみこんで、固められつつあるように感じられます。

SCの4.3Lや335iの3Lツインターボと比べてしまうと、非力さの否めない2.5L直6エンジン。しかし、オープンにした時の開放感や、その際にオーディオから聞こえてくる音楽を感じながら走っていると、この車のポジションというかキャラクターづけがよく理解できます。これ以上、突っ走ってどーすんのよ?と。
  • レクサスIS250C リアシート|ちょい乗り試乗
  • レクサスIS250C ラゲッジ(クローズ時)|ちょい乗り試乗
  • レクサスIS250C ラゲッジ(オープン時)|ちょい乗り試乗
レクサスといえばおもてなし。その辺は徹底されていて、クローズ時の静粛性、ルーフの開閉に同調して自動的に切り替えられるオートエアコン、前席シートに付いているスイッチを押せば電動で(パタンと倒れるのではなく電気仕掛けで)シートバックが倒れて、かつ前方へスライドする「ワンタッチパワーウォークインシート」などが備わります。

IS Fがやんちゃな大人のスポーツセダンだとしたら、IS250Cはまだ枯れるには早いぜ的な大人のオープンカー。ビバリーヒルズ青春白書をリアルタイムで見て憧れていた人が、今これに乗ったら、ビバヒルのあの青空すら目に浮かぶことでしょう。
だからこそ、シートも赤×白や青×白といった、ハデめなカラーリングが用意されています。子育てが終わってからの車ではなく、子育て中から積極的に乗ってほしい一台です。
  • レクサスIS250C ラゲッジの仕切り|ちょい乗り試乗
  • レクサスIS250C ワンタッチパワーウォークインシートのスイッチ|ちょい乗り試乗
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027