新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ シビックフェリオ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ホンダ シビックフェリオ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/05/29)

※この記事はカーセンサー関東版40号(2000年10月26日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

5ドアのシビックにはない“ちょっと”スポーティなRSを設定

  • ホンダ シビックフェリオ 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビックフェリオ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑トルクの大きな盛り上がりこそないが、スムーズな吹け上がりで、十分にスポーティセダンのレベル(左)標準装備でリアスポイラーが付くのはRSだけ。ホイールも15インチを装着する(右)
5ドアのシビックがファミリィユースを重視しているのに対し、4ドアセダンのフェリオは、少しだけ走りの方向に力を入れたモデルがある。それがFF車のRSだ。RSのエンジンは4ドアセダンのなかで唯一の1.7L、130psを搭載している。ミッションも5ドアではCVTと4 速ATだけだが、フェリオには、このRSとBグレード、4WD車に5速MTも用意されている。

RSの内装はホワイトメーターやカーボン調センターパネル、さらさらとしているが滑りにくい、ソフトウィーブのシート地などが専用となる。 シートはフロント、リアともにヘッドスペースはたっぷりしているが、リアシートはリアウインドウがやや頭上にかかるのが不満点。トランクスペースはかなり広い。

外装では、他のグレードが14インチなのに対し、15インチホイール、フロント/リアのエアロパーツでスポーティさを強調している。ただし、サスペンションやエンジンのチューンは行われていない。

パンチはないがスムーズなエンジンとスポーティな足回りで軽快な走り

  • ホンダ シビックフェリオ インパネ|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビックフェリオ シート|ニューモデル試乗
↑ホワイトメーターもRS専用になる。フェリオはATもフロアシフトだ(左)穴あきタイプのヘッドレストと専用素材のシートがRSの見分け方になる(右)
試乗したRSは1.7Lと5速MTの組み合わせだが、クラッチはやや重めで、スポーティなフィーリング。シフトストロークも大きくない。 1速でスタートして6000rpmまで回す。マニュアルミッションのダイレクト感は、ATやCVTにはないフィーリングだ。2速6000rpmで90km/h、3速だと140km/hに達する。トルクの大きな盛り上がりはないが、1500rpm〜6000rpmまでのスムーズな吹け上がりが楽しい。ただ、軽快感はあるが、エンジンのパンチはいま一歩で、タイプRのようにはいかない。しかし、走りの雰囲気はRSでも十分に楽しめる。

サスペンションはフロントが新開発のトーコントロールリンク・ストラット、リアにダブルウィッシュボーンを採用しているが、コーナーでのリアの追従性がとてもよかった。小さく抑えられたボディのロールは、十分にスポーティセダンのレベルだ。

ハンドリングはやや重めの操舵感だが、そのフィーリングもスポーティセダンの雰囲気を一層盛り上げてくれるもの。乗り心地はやや硬めで、こちらもスポーティセダンらしい。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード RS
駆動方式 2WD
トランスミッション 5MT
全長×全幅×全高(mm) 4435×1695×1440
ホイールベース(mm) 2620
車両重量(kg) 1110
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4SOHC
総排気量(cc) 1668
最高出力[ps/rpm] 130ps/6300rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 15.8kg-m/4800rpm
10・15モード燃費(km/L) 17.8
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/50
車両本体価格 161.2万円
石川真禧照の責任採点
コンセプト 3点 取り回し 4点 加速性能 4点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 3点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 3点 環境対策 4点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 4点
後席居住性 4点 パワー感 4点 高速安定性 3点 ステータス 3点
内装の質感 3点 トルク感 3点 しっかり感 3点 コストパフォーマンス 3点
得点合計 68/100
(Tester/石川 真禧照 Photo/芳賀 元昌)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027