新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタパッソセッテは低価格ファミリィカー 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

トヨタパッソセッテは低価格ファミリィカー 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/06/02)

安いのはいいことだが、やや難アリの気配も否めない

ダイハツで開発・生産され、トヨタにOEM供給される7シーターのコンパクトカー。ダイハツブランドではブーンルミナスとして販売されている。車名からもわかるように、同名のコンパクトカーをベースにロングホイールベース化し、3列目シートを付加したモデルである。ミニバン世代のニューファミリィカーとして、特に子育て期の女性ユーザーをターゲットに開発された。

エンジンは1500ccのみで、4ATを組み合わせている。3グレードともにFFもしくは生活4駆から選ぶというシンプルなラインナップ。パッソセッテの場合は、X、G、Sというグレード構成で、GおよびSにはやや簡易装備のCパッケージが設定されている。Sはスポーティなエアロパーツ仕様だ。FFモデルで約150万~190万円という求めやすい価格設定になっているのが最大の魅力と言っていい。

全長4.1mという扱いやすいサイズながら、ホイールベースは2.75mと2.5Lのミドルクラスセダン並み。真横から見ると前に比べてリアドアが明らかに大きく、見るからに乗り降りしやすそう。想像どおり、後席の足元空間にはコンパクトカーとは思えない余裕があって、大人5人がゆったりと乗れる。フロントはベンチシートタイプでヒップポイントが高く、乗り込みやすい。上級グレードには大型アームレストも備わっている。2列目、3列目シートのアレンジは、大きなレバーで簡単に行える。3列目のシートは本格的なものではないが、短い距離なら問題なく使えそう。

ダッシュボードにはシンプルデザインのセンターメーター方式を採用した。スイッチ類の数も最小限で、運転席前のアッパー&アンダーボックスや助手席アンダートレイ、格納式ドリンクホルダーに各ドアのポケット&ホルダーなど、収納スペースも多く使いやすい。フロントウインドウは赤外線カットガラスで、そのほかはUVカットガラスもしくはUVカット機能付きプライバシーガラスを採用した。GブックmX対応のHDDナビゲーションシステム、音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター、そしてDVD再生機能付き7インチワイドディスプレイのリアエンターテイメントシステムなど、オプションも豊富に用意されている。

FFの「G」に試乗した。正直に言って、走りそのものの評価はそれほど高くない、というか低い。まず、女性ユーザーをメインとしたからだろう、170cmの男性が座るとまともなドライビングポジションが取れず、運転しているうちにだんだん猫背になってすぐに疲れてしまう。乗り心地も、タイヤの硬さが気になるもので、妙に突っ張った感じだ。それでも街中は何とか我慢できるが、80km/hを超える高速域での操縦性は明らかに不安定で心もとない。はっきり言って、遠出には全く不向きな車である。

筆者のような“運転好き”が積極的に乗って評価するような種類の車ではない、と思う一方で、車など便利な道具でしかないという多くのユーザーだってたまの高速走行でも安心して走りたいだろうし、走りのマジメな作り込みも何らかのカタチで乗り手に伝わるはずだとも思う。意図的に、それこそ環境問題を考えて、使用頻度を最小限に抑えるようなクルマを作る、というなら話は別だけれど…。

“安い”は確かに今の時代、世間受けする褒め言葉だ。7人も乗れて、燃費もそこそこ良くて、壊れなくて、サービスも保証もバッチリ。一応、文句ナシだ。割り切って乗ればいい、という意見もわかる。けれども、果たしてそれで日本車の未来があるのかどうか。こんな車からまず、(そう遠くない将来)中国など新興国のメーカーに“真似されてコスト勝負でやられる”気がしてならない。限られた予算の中で苦心のすえ実現した車であろうことは想像に難くない。その努力は認める。認めるけれども、出来上がった車に乗ってみると、この国の車の行く末について、いろいろと考えさせられてしまった。

今回登場した車、メーカーたち

トヨタパッソセッテ

新車時価格の安さは認めるが、中古車ならもっとイイ選択肢も・・・

ライバルの車たち

ホンダフリード

パッソセッテのライバルというポジショニング

ホンダストリーム

ステーションワゴンのような5ナンバーミニバン

トヨタヴォクシー

中古車ならこんな5ナンバーミニバンも狙えてしまう

日産セレナ

思いのほか軽快で使えるコンパクトミニバンに仕上がっている

マツダプレマシー

両側スライドドアで、何かと使いやすいミニバン

VWゴルフトゥーラン

質実剛健なミニバンをドイツ人が作った見本作

フォトコレクション

写真:コンパクトながらロングホイールベース|試乗by西川淳
コンパクトながらロングホイールベース

全長4.1mという扱いやすいサイズながら、ホイールベースは2.75mと2.5Lのミドルクラスセダン並み。真横から見ると前に比べてリアドアが明らかに大きく、乗り降りしやすい

写真:街中なら許せるが遠出は不得意|試乗by西川淳
街中なら許せるが遠出は不得意

“運転好き”が積極的に乗って評価するような種類の車ではないが、80km/hを超える高速域での操縦性は明らかに不安定で心もとない。はっきり言って、遠出には全く不向き

写真:細かな配慮が行き届いている|試乗by西川淳
細かな配慮が行き届いている

運転席前のアッパー&アンダーボックスや助手席アンダートレイ、格納式ドリンクホルダーに各ドアのポケット&ホルダーなど、収納スペースも多く使いやすい

写真:ロングホイールベースの恩恵|試乗by西川淳
ロングホイールベースの恩恵

後席の足元空間にはコンパクトカーとは思えない余裕があって、大人5人がゆったりと乗れる。2列目、3列目シートのアレンジは、大きなレバーで簡単に行える

写真:広大な荷室もワンタッチ|試乗by西川淳
広大な荷室もワンタッチ

3列目のシートは本格的なものではないが、短い距離なら問題なく使えそう。折り畳めば、広大なスペースが広がる。こういった使い勝手の良さは、この価格では嬉しい

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027