新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ウィッシュ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ ウィッシュ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/06/04)

キープコンセプトだが走り、安全性、装備類など
中身は驚くほどの進化を遂げた新型ウィッシュ

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
キープコンセプトだが、その中身は大きく進化
  • トヨタ ウィッシュ エンジン|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ シフトレバー|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ ナビゲーション画面|ニューモデル試乗
初代同様、ヒンジドアをもつスタイリッシュなデザイン。2L&1.8Lのエンジン構成も旧型に準ずるが、ヴォクシー/ノアなどに搭載済みで環境や走行性能に優れたバルブマチック機構を全車に採用。これにSuper CVT-iを組み合わせることで、走りの質感を向上させている。最上級の2.0Zのみ6人乗り、そのほかは7人乗りの構成も旧型と同じ。1.8L車には4WDも設定される。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
軽快なフットワークは最近のトヨタ車の中では秀逸
  • トヨタ ウィッシュ 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ アルミホイール|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ メーター|ニューモデル試乗
1.8Sをメインに試乗。何よりも走り出しから軽快なのが印象的だ。もう少しトルク感も欲しいが、新採用のCVTと相まって、本当に滑らかに加速する。で、この軽快さをさらに引き立てるのがその足回り。特にリアの接地感やフロントの動きがわかりやすく、絶対的な速さより、「スポーティ&走りが楽しい」と感じることができるセッティングは実にうまい。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
シートの座り心地や荷室の広さ拡大など見所多し
  • トヨタ ウィッシュ 3列目シート|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ 2列目シート|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ フロントシート|ニューモデル試乗
実はホイールベースや各シート間の距離は旧型と同じ。しかし、すべてのシートの形状を見直したことにより座り心地は誰でもわかるほど大幅に向上している。ただ一つ注文をするなら、3列目シートの足を入れるスペースが狭い。ここは改善してほしいポイントだ。荷室は3列状態でも左右を拡大したことでゴルフバッグの横置きも可能に。使い勝手もなかなか良い。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
今までちょっと走りに不満があったお父さん、お待たせ!
  • トヨタ ウィッシュ インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ ラゲージ|ニューモデル試乗
  • トヨタ ウィッシュ リアスタイル|ニューモデル試乗
旧型はスタイリッシュなデザインがヒットした理由の一つ。しかし、ハードウエアとしてはカローラ系からのキャリーオーバーということもあり、走りが楽しいというレベルまでは到達していなかった。それに比べ新型は中身がスゴイ! 「ミニバンは走りがイマイチだからなあ」とあきらめムードのお父さん。セダンから乗り替えても十分満足できますぞ。
SPECIFICATIONS
グレード 1.8S
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4590×1720×1590
ホイールベース(mm) 2750
車両重量(kg) 1360
乗車定員 7人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1797
最高出力 106kW(144ps)/6400rpm
最大トルク 176N・m(17.9kg-m)/4400rpm
車両本体価格 209.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

オーディオレス(ただしスピーカーは標準装備)は最近の傾向。自分好みのオーディオ&ナビを選べばよい。1.8X以外は除菌イオンでおなじみのプラズマクラスター機能付きエアコンが標準装備される。

SAFETY(安全性)

VSCやTRCなどを統合的に制御するS-VSCとSRSサイド&カーテンシールドエアバッグを全グレードに標準装備したのはお見事。1.8X以外ならさらにディスチャージヘッドランプも標準装備される。

ECO(環境性能)

エンジンをバルブマチック化することにより平成17年度基準排出ガス規制は全グレードで75%を達成。平成22年度燃費基準は1.8LのFF車で+20%を達成。2Lは+15%、1.8Lの4WD車は+10%となる。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は1. 8LのFF車で16.0km/Lを達成。旧型の14.4km/Lから向上している。これらにより、グリーン税制などの優遇措置が受けられ、1.8Sの場合、約7万3200円も減税されることになる。

VALUE(バリュー)

キープコンセプトっぽく見えるが中身は走り、安全装備の充実など驚くほど進化している。実際の走りもライバルに負けないほどFan to Driveが味わえる。旧型オーナーも乗り替える価値あります。

総合評価
18
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027