新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス RX450h 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

レクサス RX450h 【追加モデル】 / navi

(2009/06/08)

優れた走行性能や環境性能だけでなく
所有する喜びも与えてくれるハイブリッドSUV

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
環境性能と走りの良さを高次元でベストバランス
  • レクサス RX450h エンジン|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h シフトレバー|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h エネルギーモニター|ニューモデル試乗
発売は4月からとなっていたRX450h。RX350のエンジンに前後それぞれ専用のモーターを組み合わせた電気式4WDを搭載。車名の450hはGSなどと同様で、3.5Lでも4.5L並みの動力性能をもつことを意味している。最上級のバージョンLにはエアサス仕様を設定。よりスポーティな走りが楽しめる電動アクティブスタビライザーはバージョンSに標準装備される。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
スタート直後から抜群の瞬発力。静粛性も高い
  • レクサス RX450h 走り|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h アルミホイール|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h メーター|ニューモデル試乗
車重は全グレード2トンを超える。しかし、さすがは電気モーター。高トルクを瞬時に発生させることで「そんなに重量あったのか」と思わせるほど、スムーズかつ俊敏に加速する。また、最近のレクサス車ではおなじみになったVDIM(車両を統合制御する先進デバイス)のおかげもあって、違和感なくシステムが作動。結果としてスムーズな走りを楽しむことができる。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
パノラミックルーフはバージョンLのみ装着可能
  • レクサス RX450h フロントアシート|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h マークレビンソン“プレミアムサラウンドサウンドシステム”|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h パノラミックルーフ|ニューモデル試乗
基本的な装備、仕様はRX350に準ずる。オプションのマークレビンソンの価格(バージョンLで21万9450円)も同様だ。通常のムーンルーフのほかに、より広いガラス面積をもつパノラミックルーフがオプション設定されるが、RX450hの場合、バージョンLのみに10万5000円で装着可能。同じバージョンLでもエアサス仕様や他グレード には設定がないのは少し残念。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
所有する喜びを満足させるハイブリッドのチカラ
  • レクサス RX450h リアスタイル|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h エンブレム|ニューモデル試乗
  • レクサス RX450h インパネ|ニューモデル試乗
レクサスブランドがもつ高いホスピタリティと同時に、ハイブリッドカーに乗っているというオーナーの満足が得られる。まさに「喜びの二重奏」とでも表現しようか…。乗るたびに新鮮な感動が得られる価値ある日本車。日本の道路状況では正直大きさを感じることもあるが、そんなものは忘れてしまうほど、その走りは昔風に言えば「未体験ゾーン」です。
SPECIFICATIONS
グレード バージョンL エアサスペンション
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4770×1885×1690
ホイールベース(mm) 2740
車両重量(kg) 2130
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC+電気モーター
総排気量(cc) 3456
最高出力 183kW(249ps)/6000rpm
最大トルク 317N・m(32.3kg-m)/4800rpm
車両本体価格 650.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

フル装備ではあるが、グレードによりさらに高級装備をプラス。バージョンLの場合、パワーバックドアや本木目パネルなどが装備される。ヘッドアップディスプレイはRX450h全グレードに標準装備。

SAFETY(安全性)

プリクラッシュセーフティがメーカーオプション以外はほぼフル装備。バージョンLに標準装備される後席SRSエアバッグシステムは、バージョンSと標準グレードでは2万1000円のメーカーオプション。

ECO(環境性能)

平成17年度基準排出ガス規制は75%を達成。燃費基準は平成22年度達成と、ここまではRX350と同じ。さらにより実走行に近いJC08モードにおいて、新しい「2015年燃費基準」も達成している。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は18.8km/L。出力こそ違うが同じエンジンを搭載するRX350のほぼ倍の数値となる。さらにここに高い動力性能をプラスできるのだから、ハイブリッドは改めて素晴らしいと感じる。

VALUE(バリュー)

予算の問題はあるにせよ、RXに乗るなら350より450hのほうがバリューは高い。SUV+ハイブリッドという公式は世界の車マーケットに与える影響も大きい。そんな最先端を楽しむのもありでしょう。

総合評価
20
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027