新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディR8のV10モデルに乗った 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

アウディR8のV10モデルに乗った 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/06/09)

ジキルとハイドのような二面性をもったスーパーカー

思い起こせば2003年の東京モーターショーにコンセプトカー、「アウディ ルマンクワトロ」がやって来たときのこと。その車は、フルLEDヘッドランプなどいくつかの部分で非現実的だったけれども、結局、ほぼそのままのカタチで翌年、正式デビューを果たしている。ご存じ、アウディR8だ。ただし、生産モデルには、ルマンクワトロと大きく違う点があった。それは、エンジン。コンセプトカーのエンジンはV10であるとの説明があったが、生産モデルに積まれたのはV8。

傘下のランボルギーニによる新型車ガヤルドが登場したのも2003年。こちらが先にV10を積んだ。R8に積むことも前提としていたはずだが、ブランドの位置づけの問題か、はたまた直噴化のスケジュールが間に合わなかったか。結果として、420psのV8を積む。もちろん、リアルスポーツカーとしてV8の意義は大きい。ミッドに積むわけだから、バランスなどを考えるとそちらのほうがいいという考え方もある。実際、V8でも性能的には十分だったし、猛りのなさが妙にアウディらしいスーパーカーという特徴さえ得た。けれども!スーパーカーとして受け入れるには、物足りないエンジンフィールであったことも事実。

今回のV10搭載によって明らかになったのは、やはりR8はそもそもV10を積むように設計されていたということだ。その証拠に、ボディ回りには一切、手を加えていないという。ただ、8気筒から10気筒へと積み替えたのだ。基本、ランボルギーニガヤルドLP560-4由来の、525psデチューン版直噴V10がすっぽり収まっている(まだ少し余裕もあった)。結果、R8 5.2FSIは、前期型ガヤルド(520ps)を上回るパフォーマンスを見せる。0→100km/h加速、なんと4秒切りの3.9秒。ガヤルドは、4秒だった(ちなみにLP560-4は560psで3.7秒だから、ヒエラルキーは保たれた)。

というわけで、ついに“本当のR8”が降臨、スペインはマルベッラで開催された試乗会に参加した。マラガに近く、スペインでも有数のリゾートだが、建設中のヴィラやリゾートマンションがそのまま放置されていたり、大通り沿いのホテルやレストラン、別荘が売りに出ていたりと、不況の波が押し寄せている。リーマンショック以降、アメリカやイギリスの資本がさーっと引き上げたためらしい。

そんな中でのR8。いささかKYな気分だけれども、エンジン音を聞けば沈んだ気持ちも消え去って、がぜんヤル気満々に。そうそう、こういう感じがスーパーカーには必要なんだ。百年に一度の不況だろうが、離婚の危機だろうが、すべて俗世を忘れさせ、瞬時に人を前向きにしてくれる力。それをエンジンの音一発で感じさせてくれる車こそが、スーパーカーなのだと思う。

ゆっくり走っている分には、フツーのアウディ気分でいられる。ランボルギーニやフェラーリのように、不用意かつ不必要にドライバーを煽ったりしない。熱くなることを決めるのは、あくまでもドライバー。そういう長所は、V8から引き継いでいる。ところが。ひとたびドライバーが心のスイッチを戦闘モードに切り替えたなら、V10を得たR8は一流スーパーカーの本性を見せる。爆音(ただし、V10らしく少しこもった音だ。しかも、外で聞くほうが格段に素晴らしい!)とクワトロシステム(といってもトルセン式ではなくビスカス式、つまりはランボルギー二方式)のトラクションをともなって、猛烈な加速を見せる。

やっとスーパーカーらしいスリルが出てきた、という感じ。“このまま踏み続けるとマジでヤバいよ”という感覚がスーパーカーなのだ。V8では、その感覚が薄かった。前足のさばきもなかなかしなやかで、自然な動きを見せた。アシはマグネティックライドで、基本的に固められているが、アタリが素直なぶん、むしろ気分のいいライドフィールである。その確実な手応えゆえ、どんどん攻め込んでいっても扱いやすいという印象が変わらない。サーキットに試乗の舞台を移しても同じ。よくできた電子制御システムのおかげで、ぶざまなスピンも起こらない。けれども、十分に速く、ドライバーをきっちり楽しませてくれる。

タウンユースからサーキットまで。そのコンセプト自体はV8にも共通するものだが、そこにエンジンによる官能性能が加わった。おそらく、日本では2000万円を超える価格になりそうだが、その差額を払う価値は十分にある。

今回登場した車、メーカーたち

アウディR8

V8モデルの価格は下落傾向にあるがタマ数は少ない

ライバルの車たち

ランボルギーニガヤルド

1000万円強で狙える初期モデルはコストパフォーマンス高

フェラーリF430

不況の煽りを受けて相場は若干下がったものの、依然高値安定

アストンマーティンDB9

一時期のアストンマーティンブームが落ち着き、中古車相場も小康状態

ポルシェ911

NAモデルの普及でスペシャル感は薄れたが、ターボモデルは永遠のヒーロー

フォトコレクション

写真:目力がさらに増している|試乗by西川淳
目力がさらに増している

スワロフスキーのようなヘッドライト内LEDも、目立ちたがり屋を刺激する。その数、一挙に倍の24個。しかも、ヘッドライトもフルLED。パッシングには相当威力を発揮するらしい

写真:細かいところに変更が加わった|試乗by西川淳
細かいところに変更が加わった

後ろから見ても、かなり雰囲気が異なる。LEDライト下がハイグロスブラック仕立てとなって、左右がつながった。ガヤルドとの血縁さえ感じてしまう。エンドパイプは楕円に

写真:2シーターだが十分な居住性|試乗by西川淳
2シーターだが十分な居住性

V10エンジンが低く猛々しくアイドリングしている。掛かった瞬間の音は相当にでかい。ただし、キャビンに入ってドアを閉めれば、それほどうるさくはない。アウディらしさ、である

写真:V8オーナーからは羨望の眼差し|試乗by西川淳
V8オーナーからは羨望の眼差し

インパネ回りで大きな変更は加えられていない。あえて言うならタコメーター内に「V10」と記されていることぐらいだろう。快適で獰猛なスーパーカーに仕上がっている

写真:コンセプトカーがようやく現実化|試乗by西川淳
コンセプトカーがようやく現実化

今回のV10搭載によって明らかになったのは、やはりR8はそもそもV10を積むように設計されていたということ。補器類は変わっているが、エンジンベイのスペースには余裕アリ

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027