新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V70 T-5 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ボルボ V70 T-5 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/06/15)

※この記事はカーセンサー関東版43号(2000年11月16日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

ターボラグを感じない加速力を思い通りのギアシフトで楽しむ

  • ボルボ V70 走り|ニューモデル試乗
  • ボルボ V70 リア|ニューモデル試乗
↑輸入車のトップモデルとして長期にわたり人気を集めているV70(左)ボディカラーは、シルバーメタリックとダークグレーパールの2 色のみとなる(右)
ボルボV70 T-5は2000年4月のフルモデルチェンジと同時に500台限定で発売され、即完売となったグレード。 その2001年モデルが今度は400台の限定で発売された。

2001年モデルでは、5速ATがシーケンシャルシフト機構をもつギアトロニックとなったこと、DSTC(スタビリティ&トラクションコントロール機構)が新設定となる。

エンジンは直5の2.3Lターボで250ps/5200rpmを得ており、最大トルクはボルボのターボの常で2400~5200rpmの広範囲で33.7kgmを発生させる扱いやすいもの。今では数少ないFFのターボ車であり、かつ沸き上がるような強力なトルクをもつことから、急加速ではあからさまなトルクステアを生じることもあるが、抑えるのに力むほどではない。直5特有のやや濁り感のある、しかし不快ではないサウンドを軽く響かせながら、ターボラグをほとんど感じさせない直線的な加速を堪能させてくれた。レスポンスも十分に高く、アクセルワークに従順に応えてくれ、さらにギアトロニクスが採用されたことで、意に沿ったシフトが可能になっていた。

スペース効率、安全性の高さで軽快なスポーティな走りを実現

  • ボルボ V70 インテリア|ニューモデル試乗
  • ボルボ V70 ラゲージ|ニューモデル試乗
↑ベースのV70と同様の内装。T-5は本革シート、レザーシフトノブを標準で装備する(左)1:2 の分割可倒式リアシートなどにより、最大1641mmのラゲージを確保する(右)
一方、サスペンションは、ワインディングを思い切り駆け抜けるようにはしつけられていない。 もっとも、そうした時にもボルボらしくアンダーステアに終始する安定性をみせ、さらにその域を超えるとDSTCが効果的に作動し破綻を防いでいる。

本領発揮の場は高速巡航で、強力な加速と直進安定性の高さ、快適なシートなど、スポーツ仕様にふさわしい性格づけなのである。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード T-5
駆動方式 2WD
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4710×1815×1470
ホイールベース(mm) 2755
車両重量(kg) 1620
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直5DOHC ハイプレッシャーターボ
総排気量(cc) 2318
最高出力[ps/rpm] 250ps/5200rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 33.7kg-m/2400-5200rpm
10・15モード燃費(km/L) 9.1
ガソリン種類/容量(L) ハイオク/80
車両本体価格 570.0万円
齋藤慎輔の責任採点
コンセプト 4点 取り回し 2点 加速性能 5点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 5点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 3点 環境対策 4点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 2点
後席居住性 4点 パワー感 5点 高速安定性 4点 ステータス 5点
内装の質感 4点 トルク感 5点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 5点
得点合計 78/100
(Tester/齋藤慎輔 Photo/奥隅圭之)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027