新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 スカイラインクーペ 【一部改良】 / navi

クルマニュース

日産 スカイラインクーペ 【一部改良】 / navi

(2009/06/17)

7速ATで洗練された走行性能と
環境性能にも配慮したスカイラインクーペ

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
フェアレディZ同様の新ATユニットを搭載
  • 日産 スカイラインクーペ エンジン|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ シフトレバー|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ バックビューモニター|ニューモデル試乗
2008年12月1日フルモデルチェンジしたフェアレディZ同様、VQ37VHRエンジンに新開発の7速ATを搭載。走行性能を向上させつつ、環境性能にも配慮している。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
精巧な機械を思わせる計算された加速フィール
  • 日産 スカイラインクーペ 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ アルミホイール|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ メーター|ニューモデル試乗
アクセルを少し踏み込むだけで十分ぎるほどの加速性能。またそれが変に荒々しくなく、リニアに立ち上がるのは好印象。高速での安定感は言うまでも無く抜群。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
細部の改良だが、日々の運転にはありがたい
  • 日産 スカイラインクーペ ラゲージ|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ フロアシート|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ サイドブラインドモニター|ニューモデル試乗
今回はインテリジェントエアコンやプライバシーガラスを標準装備したことが主な改良点だが、日々使う装備ゆえに、実にそのありがたみがよくわかる。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
前期型オーナーもちょっと悔しがる?熟成の仕上がり
  • 日産 スカイラインクーペ リアスタイル|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ カーウイングスナビ|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクーペ インパネ|ニューモデル試乗
日本では絶滅危惧種?とも言われかねないクーペマーケット。もつ喜びはもちろんだが、7速化による走りの洗練度アップは現行の5ATユーザーも悔しがりそう。
SPECIFICATIONS
グレード 370GT Type SP
駆動方式 FR
トランスミッション 7AT
全長×全幅×全高(mm) 4655×1820×1390
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1670
乗車定員 4人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3696
最高出力 245kW(333ps)/7000rpm
最大トルク 363N・m(37.0kg-m)/7000rpm
車両本体価格 461.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

ナビがオプションのため星3つ。視認性、機能とも高いので装着をオススメ。同時にBOSEサウンドシステムもぜひ!。

SAFETY(安全性)

VDCはもちろんアクティブAFSも標準装備。プリクラッシュシートベルト機能はType Pと370GTにオプション設定。

ECO(環境性能)

最新のJC08モードに対応し、平成17年基準排出ガス規制は75%低減レベル。VVEL化によりCO2排出量も約10%低減した。

MILEAGE(燃費)

Type SPの10・15モード燃費は9.3dだが、ATの7速化やスリップロスの低減による実用燃費の向上は評価できる。

VALUE(バリュー)

やはり日本では貴重なクーペというセグメント。洗練されたデザインも含め、所有し乗ること自体が価値のあることだ。

総合評価
15
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
<%image(testdrive/thum-NI_SKL13_2.jpg|210|140|null)%>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027