新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウス 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウス 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/06/18)

1.8Lエンジンやリダクションギアなど
ハイブリッドシステムが進化したトヨタ プリウス

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
排気量アップ、システムの改良など進化ポイント多し
  • トヨタ プリウス エンジン|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス シフトレバー|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス エネルギーモニター|ニューモデル試乗
最大のポイントは高速巡航時の燃費向上のため、エンジンを1.5Lから1.8Lにスケールアップしたこと。また電池の小型化、高効率化なども含め燃費アップのための新機構を数多く採用している点も見所多し。価格訴求も含めた205万円のL、充実装備のS、上級仕様のG、これにスポーティ仕様のツーリングセレクションがGとSに用意され、本革シート仕様も設定される。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
グレードやタイヤで走りの味つけはかなり異なる
  • トヨタ プリウス 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス アルミホイール|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス エコドライブモニター|ニューモデル試乗
結論を先に言ってしまうと17インチタイヤを履く、ツーリングセレクションがオススメ。高速でのしっかり感はタイヤ、ダンパーのセッティングにプラスして電動パワステのパーツ自体の違い(カタログには記載されていない)からもわかるほど。15インチが悪いのではない。17インチが凄いと判断するべき。パワーと静粛性は旧型から大きく進化。素晴らしい!
SPACE室内空間の広さや演出を解説
後席の居住性アップ。最新デバイスの搭載なども魅力
  • トヨタ プリウス リアシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス ソーラーパネル付きムーンルーフ|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス ラゲージ|ニューモデル試乗
後席はヘッドクリアランスを12㎜、足元を20㎜拡大。数値だけではない空間の広がりを感じる。贅沢な要望かもしれないが、リクライニング機構は欲しいところ。エネルギーモニターをインパネ上部へ移籍したことでナビ画面と同時に情報を確認できるようになったのは○。HDDナビに標準装備される新デバイス“タッチトレーサー”は発想や使い勝手も見事。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
ハイブリッドの敷居は下げたがやはりブランド力は衰えない
  • トヨタ ハイブリッド リアスタイル|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス タッチトレーサー|ニューモデル試乗
  • トヨタ プリウス インパネ|ニューモデル試乗
価格訴求により、プリウスの価値が下がった、という声を一部で耳にする。しかし、それは大きな間違いであろう。敷居は下がっても、消費者の環境に対する意識向上や、ハード面での大きな進化など、プリウスだからこそ成し遂げられた部分も少なくない。一時的にせよ、街中で新型を多く見かける光景もあるだろうが、そのブランドは色あせないだろう。
SPECIFICATIONS
グレード G“ツーリングセレクション・レザーパッケージ”
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4460×1745×1490
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1390
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC+電気モーター
総排気量(cc) 1797
最高出力 73kW(99ps)/5200rpm※
最大トルク 142N・m(14.5kg-m)/4000rpm※
車両本体価格 327.0万円
※エンジン部のみの数値
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

最上級グレードにはG-BOOK mxに対応するHDDナビ+リアビューカメラが標準装備。さらに+21万6300円で、VGAモニター、地デジチューナー、そしてHUDが追加された上級仕様に変更が可能。

SAFETY(安全性)

最上級グレードにはプリクラッシュセーフティ+レーダークルーズを標準装備。VSCやTRCなどを統合的に制御するS-VSCとSRSサイド&カーテンシールドエアバッグは全グレード標準装備となる。

ECO(環境性能)

平成17年度基準排出ガス規制は全グレードで75%を達成。1.8LのFF車で平成22年度燃費基準+25%を達成。グリーン税制による優遇措置は最上級グレードで約19万6800円も減税される。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は燃費スペシャルのLグレードで38.0km/L。それ以外のグレードでも35.5km/Lと旧型から向上している。モーターのみの走行領域も増えたことで、実用燃費の高さも期待できる。

VALUE(バリュー)

税制優遇の後押しもあるが、この不況時にこれだけ売れるのはやはりプリウスに対するハイバリューを消費者が見いだしたから。ちなみに6月3日現在で納車は11月下旬以降。決断は早いほうがいい。

総合評価
24
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027