新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レガシィ ツーリングワゴン 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル レガシィ ツーリングワゴン 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/07/02)

ゆとりある居住空間を確保するためボディを拡大

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
20年目の大改革、5代目は世界市場をターゲットに開発
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン シフトレバー|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン パーキングブレーキ|ニューモデル試乗
大胆な改革である。ツーリングワゴンで全長+95㎜、全幅+50㎜、全高+65㎜、ホイールベース+80㎜とボディを大幅に拡大。Dピラーをボディ同色化、サッシュレスドアの廃止、エンジンもベースとなる2Lを2.5Lに拡大。トランスミッションには新開発のCVT(リニアトロニック)も搭載する。日本だけではなく、世界を視野に入れた車作りが行われたことがわかる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
ベースグレードの大幅な進化。静粛性の高さも際立っている
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン 走り|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン アクセル&ブレーキペダル|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン インパネ|ニューモデル試乗
最もベーシックな2.5iに試乗。一番驚くのが静粛性の高さ。注目のCVTだが、ありがちな金属が擦れるような音も少ない。また装着されていたタイヤは少々プアだったが、それでも後輪の接地感の高さはコーナリングで誰でも感じ取れる。最上級のGTとは100馬力以上違うのに、そう感じさせない。これが、素性の良さを表しているのではないだろうか。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
ボディの拡大は後席の居住性アップに大きく貢献
  • スバル レガシィ フロントシート|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン ラゲージ|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン インテリア|ニューモデル試乗
旧型の問題点は前席はいいが、後席の居住性が…ということらしい。まあ、それほど気にしなくてもいいんじゃない、と思いながらも世界市場で勝負する以上、そうも言ってはいられない。前席シートは座面幅の拡大により見た目以上にゆったりと身体をサポート、そして後席は足元や頭上に驚くほどゆとりがある。「こりゃミニバン並み」と思わせる内容です。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
レガシィらしさは希薄?大事にしたいのは旧型ユーザー
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン リアスタイル|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン エンブレム|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィ ツーリングワゴン SI-レーダークルーズコントロール|ニューモデル試乗
車の性能は間違いなく向上しているだろう。しかしデザインに関しては考えさせられる部分もある。レガシィらしさの継承がどれほど重要なのか、という論議はさておき、ご新規さんは「いい車だ」と納得してくれても、旧レガシィ、もっと広く言えばスバリストの皆さんがこれをOKと言うかどうか。ブランドも含め、旧ユーザーの評価が重要だろう。
SPECIFICATIONS
グレード 2.5i
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4775×1780×1635
ホイールベース(mm) 2750
車両重量(kg) 1480
乗車定員 5人
エンジン種類 水平対向4SOHC
総排気量(cc) 2457
最高出力 125kW(170ps)/5600rpm
最大トルク 229N・m(23.4kg-m)/4000rpm
車両本体価格 337.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

全グレード、オーディオレス。クリーンフィルター付きフルオートエアコンは標準装備。豪華装備仕様のLパッケージなら、後席用エアダクトと左右独立温度調整機能が付いている

SAFETY(安全性)

全グレードにVDC(横滑り防止装置)とデュアルSRSエアバッグを標準装備した点は高く評価。リニアトロニック車はAWDシステムのトルク配分も制御する ことで、より安定した走りに貢献する

ECO(環境性能)

旧型に比べれば一気に進化。平成17年度基準排出ガス規制は全グレードで75%を達成。平成22年度燃費基準は試乗した2.5iは+5%達成。車両重量によって減税対象のグレードもある

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は14.0km/L。レギュラー仕様の2.5Lでこの数値は優秀。さらに高速走行時の実走燃費が優れており、別にテストした際に区間燃費17.9km/Lをマークした点も高評価

VALUE(バリュー)

細かい部分に注文はあるものの、スタート段階でこのくらい、高いレベルでまとめられているならばオススメできる。スバルは年次改良で欠点をしっかりと修正してくるので今後も期待です

総合評価
18
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
10
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027