新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー Sタイプ 3.0 スポーツ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ジャガー Sタイプ 3.0 スポーツ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/07/10)

※この記事はカーセンサー関東版1号(2001年1月4日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

モデル自体の熟成した走りに頼もしさと楽しさが加わった

  • ジャガー Sタイプ 走り|ニューモデル試乗
  • ジャガー Sタイプ フロントスタイル|ニューモデル試乗
↑若年ユーザーを獲得すべく生まれたジャガー Sタイプ(左)今回からボディサイドのプロテクションモールを外し、ボディラインを強調(右)
Sタイプに追加された3.0スポーツはハンドリングの向上を目指したスポーティモデル。 そのためスポーツサスペンションやCATS(コンピュータ・アクティブ・テクノロジー・サスペンション)、トラクションコントロール、DSC(スタビリティコントロール)などを標準採用。

タイヤも偏平率の低いサイズを履き、専用アルミホイールを装着する。見た目ではインテリアが特徴的だ。滑り止め防止加工の施された専用レザーシートや、チャコールカラーで統一した内装が特徴的だ。

全般的には静かで滑らかな加速感が感じられる“スポーティモデル”

  • ジャガー Sタイプ リアスタイル|ニューモデル試乗
  • ジャガー Sタイプ インパネ|ニューモデル試乗
↑“ SPORT”の専用リアエンブレムが付けられ、他モデルとの差別化を図っている(左)ステアリングやシフトノブにもインテリアカラーと同色のレザーを採用(右)
モデル名に“スポーツ”とつくと、ハードなドライブフィールを想像しがちだが、このモデルはスポーティと表現するのがふさわしい。CATSは走行中に車体が受けるGにより瞬時にダンパーのセッティングをソフト/ハードに切り換えるシステムだが、換わった違いをそのたびにドライバーに感じさせない。DSCやスポーツサスペンションと組み合わせることで、常に安定した走りをドライバーに与えてくれる。スポーツサスペンションも、Sタイプの基本セッティングであるしなやか系から、印象を極端に変えてはいない。

3L V6エンジンはアップダウンの多いワインディング路では少々物足りなさを感じるが、全般的には静かで滑らかな加速感が感じられる。また、専用シートは質感も高くサポート性も十分なものだ。3.0スポーツは他のSタイプに比べ、足腰の安定感が強調された頼もしい走りと、スポーティな雰囲気を、ジャガーというプレミアムブランドで楽しめるモデルと言える。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード Sタイプ 3.0V6スポーツ
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4880×1820×1445
ホイールベース(mm) 2910
車両重量(kg) 1710
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 2967
最高出力[ps/rpm] 243ps/6800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 31kg-m/4500rpm
10・15モード燃費(km/L) 7.5
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/69
車両本体価格 685.0万円
飯田 裕子の責任採点
コンセプト 4点 取り回し 3点 加速性能 3点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 3点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 4点 環境対策 3点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 2点 操縦安定性 4点 燃費 2点
後席居住性 4点 パワー感 3点 高速安定性 4点 ステータス 4点
内装の質感 4点 トルク感 3点 しっかり感 3点 コストパフォーマンス 3点
得点合計 66/100
(Tester/飯田 裕子 Photo/奥隅 圭之)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027