新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ クルーガー V 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

トヨタ クルーガー V 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/07/13)

※この記事はカーセンサー関東版1号(2001年1月4日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

走りの軽快さはハリアーより上! アクティブでカジュアルなSUV

  • トヨタ クルーガー V 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ クルーガー V リアスタイル|ニューモデル試乗
↑ミドルセダンのFFプラットフォームにオフロード性能をプラスしたSUV(左)ハリアーより長いホイールベースと後席スライド機構が余裕の荷室容量を実現(右)
トヨタはハリアーによって乗用車ベースの高級SUVという新しいジャンルを開拓した。では、同じエンジンを積むクルーガーVはハリアーと何が違うのか?ひと言で言うと、より若々しくアクティブなキャラクターに仕立てているのがキモ。

高級だけどちょっとオジサン臭い面もあるハリアーと比べると内外装の雰囲気はカジュアルだし、機能面でもハリアーを凌ぐクラストップレベルのラゲージスペースが、アクティブなライフスタイルを強力にサポートしてくれる。

力強いデザインが特徴のミドルサイズSUV

  • トヨタ クルーガー V インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ クルーガー V エンジン|ニューモデル試乗
↑インパネ回りはハリアーに近い印象。しかし細かい部分のデザインはずっと若々しい(左)2.4L直4 でも走りに不足はないが、V6のスムーズさにも捨てがたい魅力が(右)
エンジンは2.4L直4と3L V6の2種類で、それぞれにFFと4WD、ノーマルサスとスポーツサス(Sパッケージ)が用意される。試乗したのは直4FFとV6 4WD のS パッケージだ。

2.4L 直4は想像以上によく走る。特に実用域のトルクは頼もしく、アクセルを床まで踏みつけるようなシーンはめったに訪れない。

静粛性も上々だから、価格を考えればオススメは直4だ。ただし、ステアリングの中立点付近に手応えのない部分があり、そこでもステアリングが比較的シャープに利くため、中高速コーナーで狙ったラインより内側に切れ込む傾向がある。これは、標準装着のスチールホイールの剛性不足が一因。もしこのグレードを買うなら、奮発してアルミを奢ったほうがいいだろう。

3L V6は特に指摘すべき難点はない。エンジンは気持ちよく回るし、ハンドリングも素直。スポーツサスペンションを装着しているにも関わらず、乗り心地にも十分合格点がつく。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 3.0 V FOUR Sパッケージ 4WD
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4685 x 1825 x 1720
ホイールベース(mm) 2715
車両重量(kg) 1730
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 2994
最高出力[ps/rpm] 220ps/5800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 31kg-m/4400rpm
10・15モード燃費(km/L) 9.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/75
車両本体価格 304.0万円
岡崎 五朗の責任採点
コンセプト 4点 取り回し 3点 加速性能 3点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 3点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 3点 環境対策 3点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 2点
後席居住性 4点 パワー感 3点 高速安定性 3点 ステータス 3点
内装の質感 3点 トルク感 4点 しっかり感 3点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 68/100
(Tester/岡崎 五朗 Photo/奥隅 圭之)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027