新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ ボクスター 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ポルシェ ボクスター 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/07/21)

※この記事はカーセンサー関東版3号(2001年1月18日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

一段と洗練された走りで2.7Lでも十分に速い

  • ポルシェ ボクスター 走り|プレイバック試乗記
  • ポルシェ ボクスター リア|プレイバック試乗記
↑表面に表れないところで確実に進化を続けるポルシェ ボクスター(左)ボクスターSのアコーディオン式フルオートルーフの開閉作業はわずか12秒 (右)
ポルシェ2001年モデルの目玉は意外にもボクスターだが、その最大の理由は価格にある。2.7Lエンジンを積むノーマル系ボクスターは60万円もの値下げが断行され、5速MT仕様で550万円、ティプトロニックSで610万円という、魅力的なプライスがつけられたのである。 それでいて、車はコストダウンされたどころか、ソフトトップがボクスターSと同様のルーフライニング張りになり、高速での風切り音が静かになるなど、インテリアを中心にグレードアップされている。

それに加えて、走りもこれまでより一段と洗練されている印象を受けた。ボクスター2.7の試乗車は右ハンドルのティプトロニックS仕様だったが、993以前のポルシェと違って、右ハンドルでもペダル配置に違和感がないのがまず好ましい。2.5Lの時代はティプトロニックだとトルク不足を感じたが、2.7Lはこの組み合わせでもモタつきはなく、しかも7000rpm以上まで鋭く回り切って、実に爽快に加速する。

鋭いハンドリングと快適な乗り心地

  • ポルシェ ボクスター 走り|プレイバック試乗記
  • ポルシェ ボクスター フロントシート|プレイバック試乗記
↑ボクスターSに搭載される3.2Lエンジンは、最高出力252ps、最大トルク31.1kg-mを発生。また、0→100km/h加速はMTで5.9秒、ティプトロニックで6.5秒となる(左)ボクスターSは専用ドアエントリーガードやアルミカラーのメーター類を装着(右)
もっと速いボクスターが欲しければ3.2LのSもあるが、今や標準型でも動力性能に不足はない。ましてやMTを選ぶ硬派なら、2.7Lでも十分速く走れると保証する。

初期型より大幅に剛性感の上がったボディが、切れ味鋭いハンドリングと、硬めだが快適な乗り心地に一段と磨きをかけていたのも、最新のボクスターの印象的な点だった。ボクスター、同Sとも、2001年型からPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネジメント)がオプション装着が可能になったのもニュースだ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ボクスター(ティプトロニックS)
駆動方式 MR
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4315×1780×1290
ホイールベース(mm) 2415
車両重量(kg) 1330
乗車定員(人) 2
エンジン種類 水平対向6DOHC
総排気量(cc) 2687
最高出力[ps/rpm] 220ps/6400rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 26.5kg-m/4750rpm
10・15モード燃費(km/L) 8.2
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/-
車両本体価格 610.0万円
吉田匠の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 4点 加速性能 4点 ブレーキ性能 5点
フィニッシュ 5点 操作系の使い勝手 5点 乗り心地 4点 環境対策 3点
前席居住性 5点 ラゲージルーム 2点 操縦安定性 5点 燃費 4点
後席居住性 -点 パワー感 4点 高速安定性 5点 ステータス 4点
内装の質感 4点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 5点
得点合計 81/95
(Tester/吉田匠 Photo/ポルシェジャパン)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
3
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
5
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
6
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
7
down
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)
8
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027