新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ クーペTT1.8T 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

アウディ クーペTT1.8T 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/07/30)

※この記事はカーセンサー関東版3号(2001年1月18日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

クワトロよりも軽快な走りで操作する爽快感を楽しむ

  • アウディ TTクーペ1.8T 走り|プレイバック試乗記
  • アウディ TTクーペ1.8T インパネ|プレイバック試乗記
↑デザインの素晴らしさと走りの素晴らしさのバランス感が非常に高いレベルにあるが価格はリーズナブルになった(左)単にデザイン性が高いだけでなく、機能部分を色分けした高レベルなインパネ(右)
アウディTTに追加されたクーペ1.8Tは、クワトロという4WDではくFFを採用し、右ハンドル仕様としたのが特徴だ。 エンジンは従来の1.8Tクワトロと同一だが、出力はクワトロの225ps/28.6kg-mに対し185ps/24.6kg-mに抑え、代わりにレスポンスの良さを向上させた仕様となっている。

また、デザインは変わらないが、ボディカラーは新たに4色をオプション設定し計7色となる。ブラックレザー仕様のシートやキセノンヘッドライトはオプション設定だ。 クワトロモデルが470万円なのに対し、390万円と安めの設定になった。

目には見えない感触の豊かさもスゴイ

  • アウディ TTクーペ1.8T エンジン|プレイバック試乗記
  • アウディ TTクーペ1.8T リアスタイル|プレイバック試乗記
↑クワトロモデルより小型の、スロットルレスポンスの良いタービンを使用(左)リアスポイラーは小さいが、高速走行時における安定性確保に絶大なる効果を発揮(右)
FFを採用したTTクーぺ1.8Tの走りは、クワトロよりも軽快感が高いのが特徴だ。駆動を前輪だけに伝え、後輪は回転するだけなので、クワトロよりも余計な抵抗感がなくスッキリした走りになった。性能的にはクワトロに劣るが、ターボによる加速感は常に一定で十分に速さを感じる。さらに反応の良さを重視し、アクセル操作に対するエンジンとターボユニットの反応が機敏で扱いやすくなっている。

特筆すべきは駆動輪と操舵輪が一緒になるFFにもかかわらず、ステアリングフィールが非常に滑らかで確かなこと。洗練された手応えで、かつタイヤの状態がしっかりわかる情報量の濃密さがあるため、操作自体の爽快感を扱うことができる。そのため、走りから受ける印象に、上質さや質の高さを感じるのだ。 デザインもスゴいが、目には見えない感触の豊かさもスゴいのが、この車の最大の魅力だ。

SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 1.8T
駆動方式 FF
トランスミッション 5MT
全長×全幅×全高(mm) 4060 x 1765 x 1340
ホイールベース(mm) 2425
車両重量(kg) 1300
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直4DOHCターボ
総排気量(cc) 1780
最高出力[ps/rpm] 185ps/5500rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 24.0kg-m/1950~5000rpm
10・15モード燃費(km/L) 11.8
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/56
車両本体価格 390.0万円
河口まなぶの責任採点
コンセプト 5点 取り回し 5点 加速性能 4点 ブレーキ性能 5点
フィニッシュ 5点 操作系の使い勝手 5点 乗り心地 5点 環境対策 4点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 3点 操縦安定性 3点 燃費 3点
後席居住性 3点 パワー感 4点 高速安定性 4点 ステータス 5点
内装の質感 5点 トルク感 4点 しっかり感 5点 コストパフォーマンス 5点
得点合計 86/100
(Tester/河口まなぶ Photo/芳賀元昌)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027