新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ グランドエスクード 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

スズキ グランドエスクード 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/08/04)

※この記事はカーセンサー関東版2001年4号(1月25日) に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

ボディに見合った新型エンジンでクリーンに快適クルージング

  • スズキ グランドエスクード 走り|ニューモデル試乗
  • スズキ グランドエスクード エンジン|ニューモデル試乗
↑テーマは“クロスカントリーワゴン”と言うだけあって、5ドアのエスクードに対して全長を+485mmとし、3列シートを設置し7人乗りとした(左) V型6気筒2.7Lの新エンジンはトルク感のある滑らかな走りが可能だ(右)
エスクードはコンパクトSUVの元祖的存在。2代目である現行エスクードはアメリカ市場を意識したデザインで、日本では不人気であった。今回追加されたグランドエスクードは3列7人乗りのシートをもつ、アメリカで先に発売されたが日本市場も意識したモデルだ。

グランドエスクードはホイールベースを延長してロングボディとしただけでなく、フロント回りのデザインなども迫力あるものに変更。エンジンも新しく開発したV型6気筒2.7LのDOHCを搭載し、エスクードの最上級モデルとなる。

従来のエスクードに比べ50mm近くも拡大されたボディは、もはやコンパクトSUVとは呼べないほどの大きさになった。ホイールベースが延長されて室内空間は大きく広げられているが、3列目のシートは十分な居住空間とはいえない。頭上の余裕は大きいものの前後のスペースが小さいのだ。リアドアの開口部も広げられているが、乗り降りするのもけっこう大変なので、子供用のスペースになってしまうだろう。

市街地から郊外まで幅広いシチュエーションをカバーする走行性能

  • スズキ グランドエスクード インパネ|ニューモデル試乗
  • スズキ グランドエスクード リアスタイル|ニューモデル試乗
↑前席のシートにアームレストが装着され、運転席にはシートヒーターも設定された(左) 車の後部が延長されたが、リアビューはエクスードと同様となる(右)
ボディが大きくなった分重さも増したが、 V型6気筒2.7Lエンジンはボディに見合った実力を備える。これまでの2.5Lに比べてトルク感の大きさが感じられ、市街地走行から郊外の空いた道路でのクルージングまで快適そのものだ。

2.7Lになると、自動車税の区分が高くなるので単純に喜んでばかりはいられないが、優-低排出ガス車に認定されるエンジンのクリーン度は十分に納得できるもの。価格もリーズナブルな水準だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード グランドエスクード
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4575×1780×1740
ホイールベース(mm) 2800
車両重量(kg) 1620
乗車定員(人) 7
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 1834
最高出力[ps/rpm] 177ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 24.7kg-m/4000rpm
10・15モード燃費(km/L) 8.8
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/66
車両本体価格 229.8万円
松下 宏の責任採点
コンセプト 4点 取り回し 3点 加速性能 3点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 3点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 3点 環境対策 4点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 3点 操縦安定性 4点 燃費 3点
後席居住性 3点 パワー感 3点 高速安定性 4点 ステータス 4点
内装の質感 4点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 70/100
(Tester/松下 宏 Photo/奥隅 圭之、芳賀 元昌)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
【試乗】新型 ルノー トゥインゴ|小さくとも満足感のいく乗り心地と走り(2019/11/08)
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
東京モーターショー2019で「グルメキングダム」に通い詰めた編集部員のグルメレポート(2019/11/01)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン シャランTDI|熟成したプラットフォームに相性ぴったりなディーゼルエンジン(2019/10/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027