新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ ビアンテ 【一部改良】 / navi

クルマニュース

マツダ ビアンテ 【一部改良】 / navi

(2009/08/05)

燃費と環境性能が向上 みんなが満足できるミニバン

  • マツダ ビアンテ エンジン|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ 走り|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ メーター|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
アクセラに続き新環境技術i-stopを20SのFF車に搭載
主力グレードとなる20SのFF車に新型アクセラから新採用された独自のアイドリングストップ技術「i-stop」を標準搭載。環境・安全性能を向上させたのが特徴。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
車重のあるミニバンだからこそより効果的なi-stop
同じi-stopを搭載するアクセラ20Sとの重量差は330㎏。
ストップ&ゴーの多い市街地ではi-stopの効果が顕著にわかる。一方で高速巡航時のノイズは大きめ。
  • マツダ ビアンテ フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ インパネ|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ リアスタイル|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説
エコ運転を支援する新装備を搭載
省燃費運転をしている際に点灯するエコランプやトリップコンピュータ(燃費計)を全グレードに標準装備。i-stopとの組み合わせで、エコ運転を支援する。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
1人でも、家族を乗せても満足できる走れるミニバン
ミニバンらしからぬ大胆なデザインとハンドリング性能がビアンテの魅力。
i-stopの装着で環境への優しさも向上。皆が満足できるミニバンへさらに進化した。
SPECIFICATIONS
グレード 20S
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4715×1770×1835
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1670
乗車定員 8人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力 110kW(150ps)/6200rpm
最大トルク 190N・m(19.4kg-m)/4500rpm
車両本体価格 249.9万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

4スピーカーは付くが、最近の傾向であるオーディオレス仕様のため星2つ。全面UVカットガラスも標準装備する。

SAFETY(安全性)

20SのFF車と23Sに待望のDSC(横滑り防止装置)が標準装備された点がポイント。ディスチャージヘッドランプも装備する。

ECO(環境性能)

平成17年度排出ガス基準75%低減で星4つを獲得。平成22年度燃費基準も+25%と、20Sがビアンテの中で最も優秀。

MILEAGE(燃費)

i-stopを搭載することで、20Sの10・15モード燃費は12.6km/Lから13.6km/Lと約7%改善。実走でも10%以上向上した。

VALUE(バリュー)

安全装備の充実と環境性能の向上は、ビアンテの魅力を一気に拡大させたと言っていい。もちろんエコカー減税にも対応。

総合評価
17
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027