新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ マツダスピードアクセラ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ マツダスピードアクセラ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/08/19)

心を湧き立たせる、ハイパフォーマンスコンパクト

  • マツダ マツダスピードアクセラ 走り|ニューモデル試乗
  • マツダ マツダスピードアクセラ インパネ|ニューモデル試乗
  • マツダ マツダスピードアクセラ フロントシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
圧倒的な動力性能をもつシリーズ中、最強モデル
旧型は途中から追加設定されたグレード。シリーズ中、最もハイパフォーマンスな性能を誇る。駆動方式はFFのみ、2.3L直噴ターボに6MTを組み合わせる
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
決して過激ではない、大人の加速フィール。乗り心地も良好
一言で言えば「速いけど過激ではない」。全域にわたる太いトルクによりどの速度域からでも余裕の加速が楽しめる。また乗り味の良さは欧州車に迫る仕上がりだ。
  • マツダ マツダスピードアクセラ ホイール|ニューモデル試乗
  • マツダ マツダスピードアクセラ エンジン|ニューモデル試乗
  • マツダ マツダスピードアクセラ リアスタイル|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説
専用シートの出来の良さ演出は全体的に控えめ
専用のハーフレザーシートはスポーツ走行と快適性をバランスさせた設計。特に腰回りのフィット感は秀逸。ただもう少し専用モデルとしての演出が欲しい。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
欧州車並みのパフォーマンスを手軽に手に入れたい人に
日本にはCセグメントのハイパフォーマンスモデルが少ない。ライバルは欧州車だが、それに負けないパフォーマンスが安価で手に入るのは非常に魅力的だ。
SPECIFICATIONS
グレード マツダスピードアクセラ
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4510×1770×1465
ホイールベース(mm) 2640
車両重量(kg) 1450
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHCターボ
総排気量(cc) 2260
最高出力 194kW(264ps)/5500rpm
最大トルク 380N・m(38.7kg-m)/3000rpm
車両本体価格 267.8万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

アクセラは全グレードオーディオレスのため、星2つ。標準装備のスピーカーは6つだが、オプションのBOSEがオススメ。

SAFETY(安全性)

DSC(横滑り防止装置)、カーテン&フロントエアバッグが標準装備、アクティブAFSはメーカーオプションとなる。

ECO(環境性能)

2005年度排出ガス基準75%低減で星4つを獲得しているが、2010年度燃費基準は獲得ならず。今後に期待したい。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は11.0km/L、最新のJC08モードでも10.0km/L。パフォーマンスの高さから考えると、この数値は立派。

VALUE(バリュー)

専用のエクステリアデザインはノーマルとの差別化をうまく図っている。走り、安全装備も充実しており非常に魅力的だ。

総合評価
15
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ボルボ V60 PHEV|ガソリンモデルより乗り心地が向上!さらに大人なワゴンに(2019/07/18)
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027