新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディA6 2.7Tクワトロ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

アウディA6 2.7Tクワトロ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/08/17)

※この記事はカーセンサー関東版2001年12号(3月22日)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

2.7Lのツインターボ&4WDを装備したスポーツセダン

  • アウディA6 2.7Tクアトロ 走り|ニューモデル試乗
  • アウディA6 2.7Tクアトロ インパネ|ニューモデル試乗
↑アッパーミドルクラスセダンのA6はサルーンでありながらクーペのような、流れるような曲線美をもつ(左) 機能重視のインパネは見やすい。エアバッグはサイド、ヘッドエアバッグも装備(右)
アウディの中でA6シリーズはA8に続くアッパーミドルクラスモデル。ボディサイズはトヨタアリストに近い大きさだ。A6シリーズに追加されたこの2.7Tクワトロは、A6シリーズの最高級&スポーツバージョンに位置づけられる。

エンジンはV6DOHCのツインターボ、2.7L。230psの最高出力と31.6kg-mの最大トルクを得ている。ミッションは5速マニュアルモード付きティプトロニックとなる。専用のスポーツサスペンション、本革スポーツシートなどを標準装備している。

ドイツ車らしい重厚さと絶妙な足回りを味わえる

  • アウディA6 2.7Tクアトロ エンジン|ニューモデル試乗
  • アウディA6 2.7Tクアトロ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑V6、2.7LのツインターボエンジンはS4と共通のビッグトルクタイプ(左) クラシカルな雰囲気さえも感じさせる彫刻的なリアスタイルはとても美しい(右)
Dレンジでスタートすると、出だしからいきなりの強烈な加速を体験させてくれる。ツインターボは1700~4600rpmの間で、最大トルクの31.6kg-mを発生し続けるセッティングなので、このようにいきなりの強烈加速になるのだ。

専用スポーツサスのハンドリングは、コーナーでのロールは小さく抑えられているが、路面からの上下動のキツさもない、という絶妙のセッティング。ただし、ハンドルは直進、コーナーともにかなり切り込みは重く、力が必要だ。ブレーキも、ペダルの踏み初めから、ギュッとディスクを締めつけるような減速をするが、踏力は重め。このハンドル、ブレーキなどのセッティングは、ドイツ車らしい重厚さがある。

スタイリングは、ハデなエアロパーツなども装着されていない地味なものだが、中身は完全にスポーツカー的な味つけの4ドアセダンだ。

室内はフロント、リアシートともに居心地はよく、トランクも広い。実用性も十分なスポーツセダンだ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 2.7Tクワトロ
駆動方式 4WD
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4805×1810×1450
ホイールベース(mm) 2760
車両重量(kg) 1750
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHCツインターボ
総排気量(cc) 2671
最高出力[ps/rpm] 230ps/5800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 31.6kg-m/1700~4600rpm
10・15モード燃費(km/L) 16.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/70
車両本体価格 650.0万円
石川 真禧照の責任採点
コンセプト 3点 取り回し 3点 加速性能 4点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 3点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 4点 環境対策 3点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 4点 燃費 3点
後席居住性 3点 パワー感 4点 高速安定性 4点 ステータス 4点
内装の質感 3点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 3点
得点合計 72/100
(Tester/石川 真禧照 Photo/桜井 健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027