新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス HS250h 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

レクサス HS250h 【ニューモデル】 / navi

(2009/08/20)

「地球」「人」「上質」との調和をテーマに開発されたヒューマンセダン

  • レクサス HS250h 走り|ニューモデル試乗
  • レクサス HS250h インパネ|ニューモデル試乗
  • レクサス HS250h リアシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
レクサス初となるハイブリッド専用車
RXを除けば初となるFF駆動、さらにハイブリッド専用車と初ものづくしなのがHS250h。
ハイブリッドシステムはエスティマ(これは4WD)や北米で販売されているカムリハイブリッドと同じTHSIIを搭載。ただしチューニングは若干異なり、トランスミッションには冷却装置を追加するなど信頼性を向上させている。ベースグレードで395万円というのもニュースである。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
すっきりとした乗り味 オススメは17インチ仕様
試乗車にはオプションの18インチタイヤが装着されていたが、どうも車両の動きがしっくりこない。しかし、これが少し足回りを強化したバージョンSになると手応えががらっと変わりなかなかスポーティ。
最も好印象だったのは17インチ。レーンチェンジ時には何もなかったかのようにスッとボディが収まる。言い換えると「スッキリ」とした乗り味だった。
  • レクサス HS250h エンジン|ニューモデル試乗
  • レクサス HS250h ホイール|ニューモデル試乗
  • レクサス HS250h リアスタイル|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説
所有する喜びを満たす質感の高い内装と先進機能
ナビのモニター位置、すっと左手を添えた先にあるリモートタッチなどの操作デバイス。どれもが見やすく使いやすい。視認性と操作性の両立という言葉も結構納得できる。ヒップポイントも高く、乗降性も良好。内装も上位グレードになるが、前席ベンチレーション機能やサドルタン、キャメルイエローの本革シートなど斬新な色遣いも注目ポイントである。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
ライバルはいないくらい独自の世界を構築
HS250hが発売されてからレクサスの店舗に来る人が非常に増えているとのこと。
プリウスの納車待ちもあり、この車にシフトする人も少なくないとのことだが、何よりもレクサスのもつ高いホスピタリティにハイブリッドという記号性は最先端を求めるユーザーにピッタリ。
輸入車のプレミアムモデルもライバルにならないほど、HS250hは独自の世界を構築している。
SPECIFICATIONS
グレード バージョンL
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4700×1785×1505
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1640
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC+モーター
総排気量(cc) 2362
最高出力 10kW(150ps)/6000rpm ※
最大トルク 187N・m(19.1kg-m)/4400rpm ※
車両本体価格 535.0万円
※エンジン部のみの数値
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

全グレードにG-Link対応のHDDナビが標準装備。最上級のバージョンLではメーカーオプションのマークレビンソンオーディオや18インチアルミ&タイヤくらいしか選べないほどフル装備。

SAFETY(安全性)

バージョンLには後方プリクラッシュセーフティシステムを含むアクティブセーフティ機能がフル装備。その他のグレードでも星4つがつくほど、安全装備は充実している。

ECO(環境性能)

2005年度基準排出ガス規制は75%で星4つ。2010年度燃費基準も+25%と最高レベル。これにエコプラスチックなどの積極採用でCO2排出量を約20%削減しているなど環境面の提案も多い。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は23.0km/L。同クラスの車と比べてもほぼ倍の値。プリウス同様、電気のみで走行できるEVモードなど3種類の走行モードで燃費向上に寄与。実用燃費も高い。

VALUE(バリュー)

ライバル不在の独自ポジションをもつのがHS250hの真価である。ハイブリッドというインテリジェンスとレクサスのもつ高級感。所有する喜びも含め、唯一無二の価値と言えるでしょう。

総合評価
24
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027