新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 スカイラインクロスオーバー 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

日産 スカイラインクロスオーバー 【ニューモデル】 / navi

(2009/08/21)

スカイラインの新ジャンルは、シリーズ中最も上質なモデル

  • 日産 スカイラインクロスオーバー 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクロスオーバー インパネ|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクロスオーバー リアシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
SUVとクーペの融合が生んだスカイラインの新しい提案
海外ではインフィニティEXとして販売。これをスカイラインシリーズ中、最も上質なモデルとして展開したのがクロスオーバー。SUVとクーペの融合から生まれた新しい提案モデルである。
パワートレインはクーペ同様、3.7LV6エンジン+7AT。駆動方式はFRと4WD。十分な装備内容をもつベースグレードと、より上級装備を搭載するType Pを設定する。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
腰高感を感じさせない安定かつ上質な乗り味
FRと4WD、ベースとなる考えに違いはないが、乗った印象はそれなりに異なる。
FRはスカイラインらしい自然な操舵フィーリングやキレの良さが魅力。一方4WDは90㎏も重くなるが、これが逆にしっとりとした乗り味に貢献している。高速域などではやや重めに感じるステアリングも実は好印象。オールシーズンタイヤとは思えないほど、静粛性や安定感は高い。
  • 日産 スカイラインクロスオーバー アラウンドビューモニター|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクロスオーバー ラゲージ|ニューモデル試乗
  • 日産 スカイラインクロスオーバー エンジン|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説
後席に秘密あり。収納を含め使い勝手に優れた工夫を満載
2800㎜のホイールベースはセダン/クーペより50㎜も短い。それでも足元を含め十分すぎるほど余裕のある後席居住性は、アップライトに座らせる独自の構造が功を奏したもの。また電動復帰機能をもつ分割リアシートや運転席側のヘッドレスト裏側にビルトインされたコートハンガーなど、使い勝手の良さも含め、いかにも日本的な気の利いた装備と言える。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
子育てが終わった夫婦や新しさを求める高感度層へ
スカイラインではあるが、デザインを含め、新しさはうまく出ている。
居住性は十分だが、常に4人で乗るイメージではない。つまりオシャレに乗るということ。子育てが終わった夫婦がロングドライブを楽しむのも良し、新しさを求める高感度層、DINKS(古い)などにも積極的に勧めたい。
コストパフォーマンスは高いが、車両価格も含め、富裕層向けと言える。
SPECIFICATIONS
グレード 370GT FOUR Type P
駆動方式 4WD
トランスミッション 7AT
全長×全幅×全高(mm) 4635×1800×1600
ホイールベース(mm) 2800
車両重量(kg) 1830
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3696
最高出力 243kW(330ps)/7000rpm
最大トルク 361N・m(36.8kg-m)/5200rpm
車両本体価格 499.8万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

全グレード、カーウイングス対応HDDナビ+BOSEサウンドシステム+ETCが標準装備。さらにType Pには全方位の状況が把握できるアラウンドビューモニターまで装備されるという超充実仕様となる。

SAFETY(安全性)

VDCやエアバッグは標準装備。注目は車線から逸脱しそうになるとブザーとディスプレイで注意を促しつつ、車線内に車を戻す力を発生させる、日本初のLDPとLDWをオプション設定したことだ。

ECO(環境性能)

2005年度基準排出ガス規制は全グレードで75%を達成。燃費基準はFR車の一部(オプション装着により車両重量が1770㎏以上)は+5%。4WD車は全グレード「2010年度燃費基準」を達成している。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は4WD車で9.1km/L、FR車で9.7km/Lといずれも10km/Lを超えられなかったのが惜しい。ただ高速走行時は7ATの効果が大きく、エンジンの回転数もかなり落ちることで巡航燃費は良い。

VALUE(バリュー)

デザイン、装備などを考えるとかなり買い得感は高い。またライバルはBMW X3などの欧州車という声もあるが、この車は独自の世界を作り上げており比較は不要。新しい魅力をもった車である。

総合評価
17
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027