新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エクストレイルGT 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

日産 エクストレイルGT 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/08/27)

※この記事はカーセンサー関東版2001年13号(3月29日)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

日常から高速までこなす力強い加速は「いかにもターボ」フィール

  • 日産 エクストレイルGT 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイルGT インパネ|ニューモデル試乗
↑路面状況を自動的に判断して最適なトルク配分を自動的に行う新開発のオールモード4×4を搭載(左) 内装も専用アルミペダル、本革シフトノブ、スポーツシートなどを装備している(右)
11月の発売以来、日産の期待をも上回る人気を得ているエクストレイル。シンプルで機能的ながら武骨ではないスタイルや最新の2Lエンジン搭載によるオン・オフともに快適に走れる走行性能などが魅力だ。そして手の届きやすい価格設定もうれしいところだ。

そのエクストレイルに2月からターボエンジン搭載のGTが追加された。高速道路での移動が多い人向けに余裕のスポーツSUVだ。

日産では、スポーツ性よりも余裕のツーリング性能をもたせたかった、と言うのだが、乗ってみればシルビアなどよりワイルドで、最近では珍しい「いかにもターボ」フィールをもつ走りが楽しめる。逆に言えば、わかりやすい豪快さをもつ加速感がもち味である。

人や荷物を満載でも快速を保てるアクティブギア

  • 日産 エクストレイルGT エンジン|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイルGT リアスタイル|ニューモデル試乗
↑新開発SR20VET エンジンのターボとVVLの組み合わせは世界初の技術(左) GTには専用グリル、バンパー、ルーフスポイラー、スポーツマフラーを装備する(右)
もっとも、エンジンはVVL(可変バルブリフトタイミング)機構により3000rpmあたりまでの日常域でも、トルク性能は確保しているから、街中などでのちょっとした加速が鈍いといったことはまずない。日産が強調する高速巡航は、たしかに100km/h域からでも楽々と力強い加速をし、たとえば高速道路の登り勾配が続く区間でも他車を軽々とリードする。

ちなみに自然吸気仕様にあった2WD-4WDのセレクトスイッチは備わらず、常時、センターデフの電子制御クラッチを介した4WDである。ハンドリングはごく普通で、攻めると姿勢変化も大きく生じる。

エクストレイルGTは人や荷物を満載でも快適を保てるアクティブギアと思えばいいだろう。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード GT
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4510×1765×1750
ホイールベース(mm) 2625
車両重量(kg) 1460
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHCターボ
総排気量(cc) 1998
最高出力[ps/rpm] 280ps/6400rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 31.5kg-m/3200rpm
10・15モード燃費(km/L) 6.9
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/60
車両本体価格 282.5万円
斉藤 慎輔の責任採点
コンセプト 4点 取り回し 3点 加速性能 5点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 3点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 3点 環境対策 3点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 2点
後席居住性 4点 パワー感 5点 高速安定性 4点 ステータス 3点
内装の質感 1点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 70/100
(Tester/斉藤 慎輔 Photo/奥隅 圭之)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027