新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レガシィツーリングワゴン ブリッツェン2001モデル 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

スバル レガシィツーリングワゴン ブリッツェン2001モデル 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/09/04)

※この記事はカーセンサー関東版2001年14号(4月5日)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

乗り心地やハンドリングの良さにワンランク上の剛性も備えた

  • スバル レガシィツーリングワゴン 走り|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィツーリングワゴン インパネ|ニューモデル試乗
↑日本車には珍しく3代続けてキープコンセプトを貫きシリーズの熟成を図るという、極めて真面目な車作りがなされている(左) 本革シートはオプションとなり、価格は10万円となる(右)
これまでブリッツェンは4ドアモデルのB4に設定されていた限定生産モデルだった。しかしユーザーから「ステーションワゴンでも作ってほしい」というリクエストがあったのだろう。 第2弾というべき2001年モデルにはキッチリとワゴンボディのブリッツェンが用意された。内容的にはB4と同じ。ポルシェデザインによるエアロキットと、一段と高いコーナリング性能をもたせるため、5MTモデルにはフロントLSDが付く。また、上塗りを2回行うという贅沢なレッドも用意される。

贅沢なレッドと素晴らしい音質のオーディオシステムもブリッツェンの魅力

  • スバル レガシィツーリングワゴン エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル レガシィツーリングワゴン リアスタイル|ニューモデル試乗
↑水平対向ツインターボは回転数に応じて2 つのターボが利き、全域で高トルクを発生(左) ボディカラーはレッドのほか、シルバー、ブラック、ホワイトが用意される(右)
早速試乗してみた。といっても車体のほうは基本的にGT-BのEチューン。すでにデビュー以来3年の経過で熟成されているためか、非常に仕上がりは良い。ビルシュタイン製ダンパーによる乗り心地やハンドリング、高い質感など、いつ乗っても感心する。筆者も初期型のGT-Bをもっているが、ボディ剛性などワンランク上の車に思えるほどのデキだ。おそらくノーマルのGT-Bの仕上がりも含めて、良くなっているハズ。

フロントに装備されるLSD はスポーツドライビングをするときに効果を発揮する。具体的に言うと、攻め込んでアクセル開けてもアンダーが出にくくなるのだ。

興味深かったのがソニー製のオーディオシステム。マッキントッシュに負けまいと頑張ったためか、素晴らしい音質。14万円のオプションとなるけれど、ぜひとも装着するといいだろう。前述のレッド(3万円高)もお値打ち。これもまたブリッツェンの大きな魅力である。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ブリツェン2001年モデル(4AT)
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4685×1695×1485
ホイールベース(mm) 2650
車両重量(kg) 1530
乗車定員(人) 5
エンジン種類 水平対向4DOHCターボ
総排気量(cc) 1994
最高出力[ps/rpm] 260ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 32.5kg-m/5000rpm
10・15モード燃費(km/L) -
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/64
車両本体価格 327.5万円
国沢 光宏の責任採点
コンセプト 4点 取り回し 4点 加速性能 5点 ブレーキ性能 5点
フィニッシュ 5点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 5点 環境対策 2点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 5点 燃費 2点
後席居住性 4点 パワー感 5点 高速安定性 5点 ステータス 5点
内装の質感 4点 トルク感 4点 しっかり感 5点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 85/100
(Tester/国沢 光宏 Photo/芳賀 元昌)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027