新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧オーテック フェアレディZ バージョンニスモ 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

オーテック フェアレディZ バージョンニスモ 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/09/02)

風を切り裂くようなボディで、よりハイレベルなストリートカーへ

  • 日産 フェアレディZ 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ メーター|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ フロントシート|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
走りの性能を磨き込んだ特別なフェアレディZが登場
Z33型で市場に投入したモデルがZ34型にも登場。エンジンスペックや足回りをパフォーマンスアップすることでより高い走りの性能を実現している。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
チューンドエンジンはレスポンスの良さが魅力
ノーマルに対し19psエンジン出力を向上させているが、出力よりそのピックアップの良さに喜びを感じる。足回りも速度域が上がれば硬さは気にならなくなる。
  • 日産 フェアレディZ エンジン|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ エンブレム|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ リアスタイル|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説
特別感が味わえる、専用のスポーティ装備を満載
本革&スエード調ファブリックのシートや本革シフトノブ、280km/hスケールのコンビメーターなど専用パーツを数多く採用。座った瞬間から十分スポーティ。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
より高い走りの質を求めるユーザーにピッタリの一台
走ることに喜びを覚え、より高みを目指したい人にオススメしたい。購入からアフターサービスまでディーラーでできるコンプリートカーというのも魅力だ。
SPECIFICATIONS
グレード バージョンニスモ
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4405×1870×1315
ホイールベース(mm) 2550
車両重量(kg) 1520
乗車定員 2人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3696
最高出力 261kW(355ps)/7400rpm
最大トルク 374N・m(38.1㎏-m)/5200rpm
車両本体価格 493.5万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

YAHAMA製のパフォーマンスダンパー(前後)の追加や、専用シートの採用など非常に中身の濃い装備が搭載されている。

SAFETY(安全性)

ベース車に準じて、VDCやサイド&カーテンも含めたエアバッグをはじめ、アクティブヘッドレストなどを標準装備する。

ECO(環境性能)

コンプリートカーなので減税措置は受けられないが、ベース車の性能から見ても、一定以上の環境性能は確保している。

MILEAGE(燃費)

ベース車両の10・15モード燃費はバージョンSで9.8km/L。パフォーマンスが上がった分、燃費面ではやや不利か。

VALUE(バリュー)

一見敷居が高そうだが、驚くほどのハイパフォーマンスを誰もが堪能できる仕様になっている。こういう車は貴重です。

総合評価
14
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027