新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ランサーエボリューション ラリーアートバージョン 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

三菱 ランサーエボリューション ラリーアートバージョン 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/09/11)

※この記事はカーセンサー関東版2001年14号(4月5日) に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

一般道からサーキットまでこなせるエボVII

  • 三菱 ランサーエボリューション ラリアートバージョン 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーエボリューション ラリアートバージョン フロントシート|ニューモデル試乗
↑ハイパワーと速すぎるほどの加速を抜群のコントロール性であやつる(左) インテリアではシフトノブやボルトオンタ イプのペダルなどが装着されている(右)
エボVIIの発売とほぼ同時にラリーアートからスポーツ走行用およびコンペティション用のパーツが発売された。

今回の試乗車は一般公道での使用を主眼としたサスチューンと、サーキット走行会までをカバーする車高調整式サスを組み込んだ仕様の2種が用意されていた。ECUもモー タースポーツ用を装着していた。

限界が高くなったため安心して攻め込める

  • 三菱 ランサーエボリューション ラリアートバージョン エンジン|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーエボリューション ラリアートバージョン リア|ニューモデル試乗
↑ラリーを想定した仕様でブーストアップにも対応。ラジエターファンなどの制御も変更(左) 白色が公道からサーキットまでをカバーするのに対し、こちらは公道での使用を目的としたサスチェーンモデル(右)
メインの試乗は車高調整式サスを組み込んだほう。ノーマルに比べると明らかにタウンスピードでの乗り心地は硬いが、常時上下に揺すられるほどではない。タイヤはミシュ ランパイロットスポーツの235/40ZR18 を装着していたが、ノーマルよりもむしろ操舵応答は穏やか。

とにかくパワーは歴然と高く、加速性能はもはや速すぎると思わせるほど。といっても扱いにくさは全くない。このパワーをフルに使った走りでも、トラクションはしっかり と伝わる。限界が高まった分、アンダーステアもいくぶん強くなっており、限界近くでの姿勢変化は大きめに生じたが、コントロール性は抜群に高いので、安心して攻め込め た。ハイバランスのチューンといえそうだ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ラリーアートバージョン
駆動方式 4WD
トランスミッション 5MT
全長×全幅×全高(mm) 4455 x 1770 x 1450
ホイールベース(mm) 2625
車両重量(kg) 1400
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHCターボ
総排気量(cc) 1997
最高出力[ps/rpm] 280ps/6500rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 39kg-m/3500rpm
10・15モード燃費(km/L) 9.6
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/48
車両本体価格 299.8万円
斉藤 慎輔の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 4点 加速性能 5点 ブレーキ性能 5点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 3点 環境対策 2点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 3点 操縦安定性 4点 燃費 2点
後席居住性 3点 パワー感 5点 高速安定性 5点 ステータス 5点
内装の質感 3点 トルク感 5点 しっかり感 5点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 80/100
(Tester/斉藤 慎輔 Photo/奥隅圭之、桜井健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
電気自動車の新型「e-Golf」とプラグインハイブリッド車の新型「Golf GTE」を導入(2017/10/19)
LEXUS、フラッグシップセダン新型「LS」を発売(2017/10/19)
MTはもちろん、ATの完成度の高さが光った新型スイフトスポーツ(試乗レポート)(2017/10/17)
フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル 新型「Arteon」発売開始(2017/10/17)
ピュア自然吸気もこれでラスト? フェラーリ 812スーパーファスト(海外試乗レポート)(2017/10/16)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027