新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 206 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

プジョー 206 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/10/06)

※この記事はカーセンサー関東版2001年17号(4月26日) に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

芯の通ったコシを感じる乗り心地、しなやかに走る5ドアと軽快な3ドア

  • プジョー 206 走り|ニューモデル試乗
  • プジョー 206 インパネ|ニューモデル試乗
↑プジョーのラインナップの中の主力モデルであるコンパクトハッチ(左) シンプルにまとめたダッシュボード。XTプレミアムにはオートエアコンが付く(右)
フランス車としては初の年間販売台数1万台を達成するなど、静かなブームを巻き起こしつつあるプジョー。

なかでもキュート&精悍なスタイリングをもつ206はプジョーの最量販車種として高い人気を誇っている。そんな206シリーズの商品力がさらにアップ した。1.6Lユニットをツインカム化し最高出力を20ps引き上げ、従来1.4Lモデルのみに用意されていたATを1.6Lにも搭載したのだ。これで206シリーズの売れ線は間違いなく1.4Lから1.6Lへと移行するだろう。

最大の魅力はなんといっても抜群にスタイリッシュな外観

  • プジョー 206 エンジン|ニューモデル試乗
  • プジョー 206 リアスタイル|ニューモデル試乗
↑DOHC化によって88psから108psへとパワーアップ。4ATとの相性もなかなかいい(左) キュッと引き締まった魅力的なリアスタイル。3ドアも5ドアもカッコいい(右)
1.6Lエンジンと4速ATの組み合わせは、走り出した瞬間から1.4L車との違いを見せつけてくれる。街中で最も頻繁に使う回転域のトルク感が全く違うのだ。1.4Lではキックダウンが起こるような場面でも、同じギアをキープしたまま力強く加速する。当然、走りの質感は大きく向上しているし、高速道路への流入や追い越し時といった、ここ一番のダッシュ力が試されるシーンでの頼もしさも大幅アップした。価格は細かい装備の違いを含め1.4L車に対し21万円高(5ドア)となるが、乗り比べれば金額の差は納得できるに違いない。

ハンドリングは5ドアのXTプレミアムと、3ドアのXSではかなり味つけが違っている。しなやかな走りのXTプレミアムに対し、XSは適度に硬めで、キビキビした軽快な走りを楽しめるのだ。

売れ線はXTプレミアムのATになるだろうが、ドアが3枚でもいいならスポーティなXS(ATも選択可能)もなかなか魅力的な存在だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード XTプレミアム(4AT)
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 3835 x 1670 x 1440
ホイールベース(mm) 2440
車両重量(kg) 1100
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1587
最高出力[ps/rpm] 108ps/5800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 15kg-m/4000rpm
10・15モード燃費(km/L) -
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/50
車両本体価格 199.5万円円
岡崎五朗の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 4点 加速性能 4点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 5点 環境対策 3点
前席居住性 3点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 3点
後席居住性 4点 パワー感 3点 高速安定性 4点 ステータス 4点
内装の質感 4点 トルク感 3点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 76/100
(Tester/岡崎五朗 Photo/奥隅圭之)
クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027