新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 【ニューモデル】 / navi

(2009/09/28)

14年ぶりに復活した美しいクーペ

  • メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 走り|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ インパネ|ニューモデル試乗
↑Bピラーレスのサイドウインドウはフロントからリアまでフルオープンが可能(左)エアコンのダイヤルが廃され、すっきりとしたインパネ。シフトセレクターの後方にAVシステム操作用ダイヤルが付く(右)
誰が見ても、それが新型Eクラスの血族だということは明らか。しかしこちらは圧倒的にエレガントで華がある。124型以来実に3世代ぶりにEクラスクーペが帰ってきた。

フロントマスクをはじめ、スタイリングにはセダンと共通のモチーフが随所にちりばめられているが、実はボディパネルにセダンと共用のものは一点もなく、そのシルエットはまるで別の車である。特にサイドビューは、メルセデスのクーペの伝統として継承されてきたピラーレスのサイドウインドウと、緩やかなアーチを描くルーフ、そしてそこから滑らかに絞り込まれていくリアエンド等々が相まって、惚れ惚れするほどの流麗さだ。しかも単に美しいだけでなく、CD値0.24という量産車世界最高の優れた空力特性をも実現しているのである。まさに機能と美の完璧な融合と言える。

インテリアもセダンとは別物。ATのセレクターレバーもコラムではなくフロアから生えている。シートは前後ともハイバックタイプで後席は2人掛け。乗車定員は4名である。

人生を楽しむことを忘れたくない大人にふさわしい

  • メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ フロントシート|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ LEDナイトドライビングライト|ニューモデル試乗
↑前席を倒すと自動で席が前へ移動し、後席への乗降をアシストする(左)夜間時に自車の存在をアピールするLEDナイトドライビングライトを装着(右)
E550クーペはV型8気筒5.5Lエンジンを搭載する。同じエンジンを積むE550セダンより140㎏も軽い車重のおかげで走りはパワフルそのもの。しかも電子制御式減衰力可変ダンパーやギア比をクイックにしたステアリング、18インチタイヤなどをセットにしたダイナミックハンドリングパッケージを標準装備とすることで、フットワークもV型8気筒エンジンをフロントに積むとは思えないほど反応鋭いものに躾けられているから、大排気量FRスポーツらしい走りの醍醐味を満喫できる。

もっと軽やかな走りがお望みならE350クーペがお勧めだ。こちらは車重がさらに60㎏軽いだけでなく、V型6気筒3.5Lエンジンの吹け上がりやレスポンスも軽快。ダイナミックハンドリングパッケージはオプションとなるが、そもそもセダンより125㎜短いホイールベースのおかげで、それナシでも動きは俊敏なのだ。17インチタイヤの当たりのソフトさも相まって、快適かつ爽快な走りを楽しめる。

美しく、走りも良い。さらにはこのEクラスクーペ、歩行者保護用のアクティブボンネットや居眠りを警告するアテンションアシスト等々セダンと同じく安全装備も充実。4座クーペの贅沢な世界に何の憂いもなく浸ることができる。
苦境の時代にも人生を楽しむことを忘れたくない。そんな大人にふさわしいクーペの登場だ。

SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード E350クーペ E550クーペ
全長×全幅×全高(mm) 4705×
1785×
1395
4715×
1785×
1395
車両重量(kg) 1670 1730
エンジン種類 V6DOHC V8DOHC
総排気量(cc) 3497 5461
最高出力[ps/rpm] 272ps/6000rpm 387ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 35.7kg-m/
2400~5000rpm
54.0kg-m/
2800~4800rpm
車両本体価格 860.0万円 1095.0万円
(Tester/島下泰久 Photo/向後一宏)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027