新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧 WiLL VS 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

WiLL VS 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/10/14)

スタイルだけでなく、実用性と軽快な走りをも併せ持つ

  • WiLL VS 走り|ニューモデル試乗
  • WiLL VS インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
理屈抜きにカッコいいスタイルを目指した
20~30代の物事にこだわりをもつ人々=ニュージェネレーション層をターゲットにした異業種合同ブランド「WiLL」。そこから送り出される自動車の第2弾WiLL VS(第1弾はWiLL Vi)は、特に25~30歳近辺の独身男性をターゲットにした結果、「クール&スマート」というコンセプトで開発された。

その言葉は主にデザインに反映されており、確かにスタイリッシュなデザインはこれまでのどのカテゴリーにも当てはまらない感がある。「理屈抜きにかっこいいスタイル」を目指したというから、その意味でもコンセプトを上手に表現できたといえるだろう。

「独身男性がおしゃれをして乗るようなカッコ良さ」を求めたという。WiLLらしい「ライフスタイル」を感じさせる車だ。
室内&荷室空間
インテリアにも及んだ戦闘機のイメージ
室内で特徴的なのがブラックのみで「クール」な男っぽさを演出したその雰囲気。確かに独身男性をターゲットにした感じがある。

デザインのモチーフとなるのは航空機のコックピット。エクステリアではあの「ステルス戦闘機」をイメージしたから、室内でもイメージをコーディネイトしたというわけだ。ATレバーは航空機のスロットルのようで、メーターも航空機っぽい赤の照明を使う。

5ドアハッチバックだけに、室内の広さには満足がいく。前席頭上はやや狭い感じもあるが「コックピット」を感じさせるという意図なら納得。コンセプト上あくまで前2席を重視したというが、それでも後席は十分な広さで足元も広い。荷室も使い手のある広さで、シートを倒せば相当の容量だ。
  • WiLL VS ラゲージ|ニューモデル試乗
  • WiLL VS リアスタイル|ニューモデル試乗
  • ドライブフィール
    エンジンによって三種三様の乗り味
    VSは基本的にグレードという概念をもたないので装備は変わらないが、エンジンは190psを発生する2Lの2ZZ-GEと136psを発生する1.8Lの1ZZ-FEの2種類があり、それぞれで走りのフィールは異なる。

    当然2ZZ-GE搭載車のほうがスポーティ。1ZZ-FE搭載車に比べエンジン重量が約50kg重いため、ステアリングから伝わる手応えもどっしりとしており、重厚感ある走り味となる。一方の1ZZ-FE搭載車はステアリングの手応えも軽めでスマートで軽快な走り味だ。

    メカニズムを共用するカローラフィールダーよりさらにスポーティな味つけとなる足回りは、ややハードだがその分歯切れの良い乗り味を感じさせる。また1ZZ-FE搭載車には4WDもあり、FFよりもしなやかな走りが特徴だ。
    こんな人にオススメ
    他人とは違う車が欲しい、という人はまさにぴったり。車にも個性的なものを求めることで、自分のこだわりを演出したいと思っている人にはうれしい存在といえるだろう。個人的にはあえて女性に乗ってもらいたいとも思う。VSのクールな感じがハマるとカッコいい!
    SPECIFICATIONS
    グレード 1.5VVT-i
    駆動方式 FF
    トランスミッション 4AT
    全長×全幅×全高(mm) 4385 x 1720 x 1430
    ホイールベース(mm) 2600
    車両重量(kg) 1140
    乗車定員 5人
    エンジン種類 直列4気筒DOHC
    総排気量(cc) 1794
    最高出力 100kW(136ps)/6000rpm
    最大トルク 171N・m(17.4kg-m)/4200rpm
    車両本体価格 175.0万円
    写真:桜井健雄 文:河口まなぶ
    クリックでタグの選択
    最新ニュース
    【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
    【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
    【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
    【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
    【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

    アクセスランキング

    1
    keep
    【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
    2
    keep
    【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
    3
    up
    【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
    4
    down
    【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
    5
    keep
    【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
    6
    up
    【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
    7
    down
    【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
    8
    keep
    【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
    9
    down
    【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
    10
    up
    【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
    ページトップへ戻る

    お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

    CSLNV027