新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧 トヨタ ソアラ 【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ ソアラ 【プレイバック試乗】 / navi

(2009/10/16)

速い!快適!贅沢!600万円で得られる高級オープンカーのあるべき形

  • トヨタ ソアラ 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ ソアラ エンジン|ニューモデル試乗
コンセプト
ソアラ哲学を受け継いだ一流のおもてなしカー
今回の4代目ソアラの特徴はなんといってもメタルトップコンバーチブルだ。このルーツは、2代目ソアラ時代の電動メタルトップタルガルーフ車「ソアラエアロキャビン」に行き着く。

これは、“その時代の最先端技術と、培われたこだわりの技術でチャレンジャブルたれ”といったトヨタのソアラ哲学が脈々と受け継がれている証である。ただ今回のソアラは、オープンカーに乗るといったマインドや雨が降ってもすぐに屋根の開閉ができるといったフレキシブルさだけを追求したものではない。オープン、クーペに左右されないラグジュアリィ感。海外では“ジュエルレクサス”と呼ばれるほどのスタイリッシュさ。まさに向かうところ敵ナシのおもてなしカーに仕上がっている。
  • トヨタ ソアラ インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ ソアラ 電動開閉式メタルトップ|ニューモデル試乗
室内&荷室空間
オープンはインテリアもエクステリアの一部
コンバーチブルのインテリアは比較的外から目に留まることが多い。こういった性格上、室内はウッドパネル&本革で彩られている。3色ある内装色は8種類のボディカラーすべてと組み合わせ可能で妥協のないコーディネイトができそう。

本革のシートは、滑りにくく乗り降りしやすい設計。助手席には簡略化されがちなシート調整機構も備えられている。またオープンカーによくあるスポーティゆえの疎外感もなく、ドライバーと一緒の空間を楽しめるのが心地いい。

ラゲージはメタルトップ格納庫になるため、ある程度あきらめは必要だが、あくまで2+2ということで納得のいくところだ。
  • トヨタ ソアラ マークレビンソン専用スピーカー|ニューモデル試乗
  • トヨタ ソアラ リアシート|ニューモデル試乗
ドライブフィール
全体的にまとまった作り安定した走りが楽しめる
これまでコンバーチブルというだけであきらめねばならなかった静粛性や風の巻き込みなどは、ヘタなセダンよりも満足のいくレベルである。セルシオのエンジンに吸排気系のチューンを施したエンジンとボディや足回りのバランスも良く、初心者でも運転しやすい。これも全体のまとまりの良さがなせるワザだろう。ただしAIシフトはレスポンスが良すぎてラフな扱いにはそれなりに反応する。このあたりをうまく扱うところがドライバーの腕の見せどころになりそうだ。

タイヤは、スペアタイヤが必要ないランフラットタイヤ(オプション)がオススメ。構造上ノーマルに比べて、乗った感触がやや硬い感じは否めないが、乗り心地、ノイズともに普段の街乗り程度なら特に気にならない。18インチという超偏平サイズを感じさせることも全然ない。スペアタイヤがないぶんラゲージ容量も確保される。
  • トヨタ ソアラ マークレビンソンプレミアムサウンドシステム|ニューモデル試乗
  • トヨタ ソアラ リアスタイル|ニューモデル試乗
こんな人にオススメ
価格的にもハイレベルなこともあり、自分の時間の増えた年配の夫婦にこそ似合うのでは。ロングドライブでも疲労度は少ないし、女性でも取り回ししやすいので奥様もラクラク運転できる。ラグジュアリィでありながら、その気になればスポーティにも楽しめる懐の深い優しさは、本物を知る人にこそ似合うハズ。
SPECIFICATIONS
グレード 430SCV
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4515 x 1825 x 1355
ホイールベース(mm) 2620
車両重量(kg) 1730
乗車定員 4人
エンジン種類 V型8気筒DOHC
総排気量(cc) 4292
最高出力 206kW(280ps)/5600rpm
最大トルク 430N・m(43.8kg-m)/3400rpm
車両本体価格 600.0万円
写真:奥隅圭之 文:竹岡 圭
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
keep
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
up
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
9
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027