新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧 日産 リバティ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

日産 リバティ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2009/10/19)

手軽な大きさのボディに、さらに磨きのかかった実用性

  • 日産 リバティ 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 リバティ インパネ|ニューモデル試乗
コンセプト
リバティならではの良い点をさらに伸ばした
日産が、リバティを含むミニバンユーザーを対象に行ったインタビューによると……。リバティは左右スライドドアやバックドアガラスハッチ、乗降部に段差がなくフラットで乗降性に優れている点に好感がもたれているということだ。

一方で、セカンドシートが分割スライドできないせいで、チャイルドシートを装着した場合にサードシートへのアクセスがしづらい点が改善を求められたのだという。こういった要望を取り入れ商品力を向上させるのが、今回のマイナーチェンジのコンセプトである。
室内&荷室空間
誰の目にも明らかな質感と快適性の向上
今回、左側のスライドドアは電動スライド式になり、リモコンキーでの開閉も可能になった。またセカンドシートは新設計され、2分割可倒式に。リバティは他モデルと比べてセカンドシートのスライド量が330mmと大きく、目一杯スライドさせればシーマ並みのスペースを作り出すことができる。セカンドシートの見直しでサードシートにアクセスしやすくなったのはもちろん、シートアレンジのパターンも豊富になり、居住スペースやラゲージスペースの実用性も大いに向上している。

従来から支持が高いナビゲーション付きモデルには、新たにワイド画面の7インチモニターを採用(従来の5.8インチも設定あり)。より質感を高めるために内外装の変更も行われ、実用性と快適性の向上ぶりは誰の目にも明らかで素直に好感がもてるものである。
  • 日産 リバティ セカンドシート|ニューモデル試乗
  • 日産 リバティ リアスタイル|ニューモデル試乗
ドライブフィール
今一歩の熟成が望まれるハイパーCVT
走行面については今回からターボエンジンを廃止し、新型プリメーラにも搭載されているQRエンジンを全車に採用。ボディサイズに見合った適度なトルクを発揮し十分な速さをみせる。エンジン自体の動力性能としては合格点がつけられる。ハンドリングはしなやか系で、乗り心地も良い。

ただし、2WDモデルに採用されているトランスミッションのハイパーCVTについて、少しだけ欲を言えば、加速時にギアが滑るような感じがあり、それによって加速フィールと速度感の間に若干の違和感が生じる点が惜しい。また、エンジン音が少々大きい点についても改善を期待したい。

全体的にみて、一般的なマイナーチェンジと比べ異例に力の入った内容といえるだろう。お金のかかる新装備を多数採用しながらも価格の上昇を抑え、お買い得感もかなり強い。「実力派ミニバン」としてのリバティの魅力が、一段と向上したのは間違いないだろう。
こんな人にオススメ
5ナンバーサイズにこだわる人にとって、この居住スペースと実用性は魅力的。活動的で小さなお子さんをもつファミリィが、時にはオジイチャン&オバアチャンとお出かけするのにも無理なし。またオーテックバージョンが意外にも?カッコよくスタイリッシュ。ワゴン派も一考の価値あり。
SPECIFICATIONS
グレード Gナビパッケージ
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4575 x 1695 x 1630
ホイールベース(mm) 2690
車両重量(kg) 1500
乗車定員 7人
エンジン種類 直4DOHC16バルブ
総排気量(cc) 1998
最高出力 108kW(147ps)/6000rpm
最大トルク 198N・m(20.2kg-m)/4000rpm
車両本体価格 210.0万円
写真:桜井健雄 文:飯田裕子
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027