新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ パレットSW 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

スズキ パレットSW 【追加モデル】 / navi

(2009/10/21)

走行性能も使い勝手も、ユーザーの要望をかなえた「スーパーワゴン」

  • スズキ パレット 走り|ニューモデル試乗
  • スズキ パレット インパネ|ニューモデル試乗
  • スズキ パレット バックモニター|ニューモデル試乗
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説

待望のエアロ仕様が登場

両側スライドドアをもつパレットに追加されたエアロ仕様。世界初採用となる副変速機付きCVTの採用がトピックス。同時にターボエンジンの改良(64psにアップ)も行われた。SWはスーパーワゴンの略で、ライバルはダイハツタントカスタムだ。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説

高速でわかるCVTの実力の高さ

アクセルを踏むと非常に軽い出だしで車が加速する。副変速機付きだからといって特別な違いを感じない。むしろ、効果を感じるのは高速域。エンジン回転数が大きく落とせることで燃料消費も抑えられる。また静粛性の面でもメリットも大きい。
  • スズキ パレット エンジン|ニューモデル試乗
  • スズキ パレット リアシート|ニューモデル試乗
  • スズキ パレット リアスタイル|ニューモデル試乗
SPACE室内空間の広さや演出を解説

頭上空間は驚きの広さ

1365㎜と小学校低学年の子供なら立ててしまうほどゆとりある室内高。シートアレンジも多彩、さらに上級グレードのTSはスライドドアが両側電動になる。一つ気になるのはリアシート足元にあるシートの可倒機構。これが少し干渉する点が残念。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証

ファーストカーになる実力

ファミリー層のほか、若年層の取り込みがこの車の命題。先に市場を抑えているのはタントカスタムだが、ワゴンRスティングレー譲りのエクステリアや新開発のCVTの出来の良さからも十分勝負できる。これ一台で何でもできそうだ。
SPECIFICATIONS
グレード SW TS
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1735
ホイールベース(mm) 2400
車両重量(kg) 960
乗車定員 4人
エンジン種類 直3DOHCターボ
総排気量(cc) 658
最高出力 47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク 95N・m(9.7㎏-m)/3000rpm
車両本体価格 155.925万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
総合評価15/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
XS以上は6スピーカーが標準装備だが、オーディオ自体はオプション。オススメはリアモニター付きのオーディオで4万2000円高。アルミもキーレスリモコンも装備されており、充実度は高い。
SAFETY(安全性)2/ 5
デュアルSRSエアバッグのほかフロントシートSRSサイドエアバッグはSWの全グレードに標準装備。ABS&EBDも同様に装着されるが、ESP(横滑り防止装置)は設定すらないのは残念。ぜひ装着を!
ECO(環境性能)3/ 5
2005年度基準排出ガス規制は75%で星4つ。2010年度燃費基準は+10%。NAエンジン+CVTのXSなら+20%(FF車)となり、4WD車(+15%)とともに、自動車取得税、重量税が50%軽減される。
MILEAGE(燃費)4/ 5
新開発のCVTとエンジンの改良により、10・15モード燃費は向上し、20.0km/Lをマーク。NAエンジンの場合、21.5km/L(FF車)まで向上する。信号待ちなどではニュートラル制御により燃費も向上する。
VALUE(バリュー)4/ 5
安全装備には若干の不満もあるが、装備の充実度から見てもコンパクトカー以上の充実した内容。TSにはメーカーオプションでハイグレードオーディオが設定されるが、9万4510円とやや割高な印象。
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027