新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A5 カブリオレ 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

アウディ A5 カブリオレ 【ニューモデル】 / navi

(2009/10/27)

ソフトトップという選択がもたらす優美さ

  • アウディ A5 カブリオレ 走り|ニューモデル試乗
  • アウディ A5 カブリオレ インパネ|ニューモデル試乗
↑アドバンスドキーを使えば車外からでも電動ソフトトップの開閉が可能だ(左)シフトセレクター付近に操作系統が集中したインパネ。バング&オルフセンのサウンドシステムもオプションで選択できる(右)
オープンカーは魅せる車、見られる車である。だからこそ優雅さを表現できるソフトトップこそ適役。アウディはそう考えるブランドだ。よってA4カブリオレの後継車となるA5カブリオレも幌屋根で登場した。

スタイリングはA5クーペがベースだが、こっちがオリジナルと思ってしまうほど造形にまとまりがある。オープンはもちろん、クローズドもカンペキ。シルエットはクーペに似るけれど、ルーフがボディと別色別素材になり、仲を取り持つウインドウフレームがアルミになったおかげで、ぐっとエレガントに見える。

しかもA5カブリオレは、ソフトトップを4色も用意。オーソドックスな黒や青だけでなく、赤や茶もある。8色のボディ、3色のレザーインテリア、2種類のウッドパネルとの組み合わせは200通り近いコーディネイトを可能としている。これこそソフトトップの楽しさだ。

それでいて室内空間はクーペと同じフル4シーターで、トランクは幌を格納したときも320Lの容量を確保。トップの開閉はもちろんフルオートで、わずか15秒で作動を完了する。これらもソフトトップのメリットだ。

見た目はエレガント、中身はしっかりの才色兼備な車

  • アウディ A5 カブリオレ フロントシート|ニューモデル試乗
  • アウディ A5 カブリオレ ラゲージ|ニューモデル試乗
↑シート表面には特殊な加工が施され、直射日光による温度上昇を防ぐ(左) 分割可倒式のリアシート。両側を倒せば最大750Lのスペースが生まれる(右)
では、もう一つの幌屋根のウリである軽さは? と思ってスペックをチェックしたら、なんと260kgもクーペより重い。でも走り始めたら、理由がわかった。ボディ剛性はマジでクーペ並みで、ルーフを閉じれば驚くほど静か。聞けば本国では2種類ある幌のうち、快適性にすぐれたタイプを装着したという。

乗り心地は、オプションのアウディドライブセレクトで3モードのどれを選んでも快適。これも強靭ボディの効果だろう。このアウディドライブセレクトを選ぶと装備される速度可変式のダイナミックステアリングは、クーペよりクイックな反応で、1.9tという数字を感じさせない。それに重くなったといっても、同じ3.2LのV6エンジンと7速Sトロニックを積むQ5より少し軽いわけで、加速に不満はない。このクラスのオープンカーで唯一の4WDであることも、安心材料という点ではプラスになる。

ソフトトップならではのエレガンスを見た目でアピールしつつ、走れば剛性感に一分のスキもなく、動きに重さは感じさせず、静粛性や快適性は幌屋根とは思えない。優雅なファッションに身を包みながら「日経ビジネス」を毎週購読している女性みたいな、才色兼備を絵に描いたような車だった。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード3.2 FSI クワトロ
全長×全幅×全高(mm)4625×1855×1385
車両重量(kg)1930
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3196
最高出力[ps/rpm]265ps/6500rpm
最大トルク[kg-m/rpm]3.7kg-m/3000~5000rpm
車両本体価格784.0万円
(Tester/森口将之 Photo/向後一宏)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027