新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ランサーセディアワゴン 【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

三菱 ランサーセディアワゴン 【プレイバック試乗】 / navi

(2009/11/17)

ターボのアドバンテージが、ゆとりある走りを演出する

  • 三菱 ランサーセディアワゴン 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーセディアワゴン リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
手頃なサイズのワゴンに待望のGDIターボが追加
ランサーセディアワゴンは2000年5月にデビューしたセダンをベースに開発されたコンパクトクラスのステーションワゴン。ロングホイールベースやセダンに比べて55mm長い全長により、クラスの割には余裕の室内空間をもつのが特徴だった。

これまでのモデルでは駆動系に1.8Lの自然吸気GDIエンジンとCVTの組み合わせのみが設定されていたが、今回のマイナーチェンジでGDIターボを搭載したT-ツーリングが追加された。このターボ車にはINVECS-IIのスポーツモード付き4速ATが組み合わされる。

手頃なサイズのボディに余裕のGDIターボエンジンを搭載することで、ゆとりある走りを目指したモデルだ。
室内&荷室空間
クラスを超えた室内・居住空間は健在
今回のマイナーチェンジではこれまでと異なる外観を備えたGDIターボ搭載車が設定されただけで、室内の居住空間や荷室空間は変更を受けていない。

もともとランサーセディアは、ワゴンのベースとなったセダンの段階から、2600mmというこのクラスとしては長めのホイールベースが設定されていた。ゆえにインテリアの居住空間は十分な広さが確保されている。そのうえワゴンではセダンに比べて全長を高くしたことで、室内空間はさらに広がった。

さらに「ワゴン」の名に恥じることなく、荷室スペースもセダンに対してリアのオーバーハングを55mm延長することで、たっぷりした空間が確保されている。35Lという大きな容量をもつラゲージフロアボックスもセディアワゴンの特徴だ。
  • 三菱 ランサーセディアワゴン エンジン|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーセディアワゴン フロントスポイラー|ニューモデル試乗
ドライブフィール
パワーの伸びよりもゆったりした走りに特徴
1.8LのGDIターボはすでにパジェロイオに搭載しているが、セディアワゴンのT-ツーリングでは低燃費でクリーンなGDIの特性を生かしながらも、ややパワーアップして165spを発生するとともに、最高出力を発生する回転数も300回転ほど高められた。シフトはスポーツモード付きの4AT。

といってもGDI ターボは決してスポーティ志向のターボではなく、低速域から余裕のトルクを発生し、ジェントルでゆとりのある走りを実現しようとしたもの。パワーの伸びよりもゆったりした走りが特徴だ。

エンジンの強化に合わせて足回りもやや硬めのチューニングが施されたが、足回りを強化したラリーアートエディションが別に設定されているので、走り志向のユーザーはこちらのモデルを選べばいい。
こんな人にオススメ
GDIターボのT-ツーリングは自然吸気のツーリングに比べて20万円高く、燃費も1L当たり2km悪くなるが、セディアワゴンの車両重量に対して余裕ある性能をもつ。日常のゆったりした走りを基本に、乗員や荷物の量に影響されないゆとりの走りを求めるユーザーにお勧め。
SPECIFICATIONS
グレード T-ツーリング
駆動方式 2WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4425 x 1695 x 1465
ホイールベース(mm) 2600
車両重量(kg) 1280
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1834
最高出力 121kW(165ps)/5500rpm
最大トルク 220N・m(22.4kg-m)/3500rpm
車両本体価格 189.8万円
写真:桜井健雄 文:松下 宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027