新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ランサーセディアワゴン 【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

三菱 ランサーセディアワゴン 【プレイバック試乗】 / navi

(2009/11/17)

ターボのアドバンテージが、ゆとりある走りを演出する

  • 三菱 ランサーセディアワゴン 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーセディアワゴン リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
手頃なサイズのワゴンに待望のGDIターボが追加
ランサーセディアワゴンは2000年5月にデビューしたセダンをベースに開発されたコンパクトクラスのステーションワゴン。ロングホイールベースやセダンに比べて55mm長い全長により、クラスの割には余裕の室内空間をもつのが特徴だった。

これまでのモデルでは駆動系に1.8Lの自然吸気GDIエンジンとCVTの組み合わせのみが設定されていたが、今回のマイナーチェンジでGDIターボを搭載したT-ツーリングが追加された。このターボ車にはINVECS-IIのスポーツモード付き4速ATが組み合わされる。

手頃なサイズのボディに余裕のGDIターボエンジンを搭載することで、ゆとりある走りを目指したモデルだ。
室内&荷室空間
クラスを超えた室内・居住空間は健在
今回のマイナーチェンジではこれまでと異なる外観を備えたGDIターボ搭載車が設定されただけで、室内の居住空間や荷室空間は変更を受けていない。

もともとランサーセディアは、ワゴンのベースとなったセダンの段階から、2600mmというこのクラスとしては長めのホイールベースが設定されていた。ゆえにインテリアの居住空間は十分な広さが確保されている。そのうえワゴンではセダンに比べて全長を高くしたことで、室内空間はさらに広がった。

さらに「ワゴン」の名に恥じることなく、荷室スペースもセダンに対してリアのオーバーハングを55mm延長することで、たっぷりした空間が確保されている。35Lという大きな容量をもつラゲージフロアボックスもセディアワゴンの特徴だ。
  • 三菱 ランサーセディアワゴン エンジン|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーセディアワゴン フロントスポイラー|ニューモデル試乗
ドライブフィール
パワーの伸びよりもゆったりした走りに特徴
1.8LのGDIターボはすでにパジェロイオに搭載しているが、セディアワゴンのT-ツーリングでは低燃費でクリーンなGDIの特性を生かしながらも、ややパワーアップして165spを発生するとともに、最高出力を発生する回転数も300回転ほど高められた。シフトはスポーツモード付きの4AT。

といってもGDI ターボは決してスポーティ志向のターボではなく、低速域から余裕のトルクを発生し、ジェントルでゆとりのある走りを実現しようとしたもの。パワーの伸びよりもゆったりした走りが特徴だ。

エンジンの強化に合わせて足回りもやや硬めのチューニングが施されたが、足回りを強化したラリーアートエディションが別に設定されているので、走り志向のユーザーはこちらのモデルを選べばいい。
こんな人にオススメ
GDIターボのT-ツーリングは自然吸気のツーリングに比べて20万円高く、燃費も1L当たり2km悪くなるが、セディアワゴンの車両重量に対して余裕ある性能をもつ。日常のゆったりした走りを基本に、乗員や荷物の量に影響されないゆとりの走りを求めるユーザーにお勧め。
SPECIFICATIONS
グレード T-ツーリング
駆動方式 2WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4425 x 1695 x 1465
ホイールベース(mm) 2600
車両重量(kg) 1280
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1834
最高出力 121kW(165ps)/5500rpm
最大トルク 220N・m(22.4kg-m)/3500rpm
車両本体価格 189.8万円
写真:桜井健雄 文:松下 宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027