新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ブレビス 【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ ブレビス 【プレイバック試乗】 / navi

(2009/11/24)

さりげなく着こなしたい、気持ちいい走りの小型高級車

  • トヨタ ブレビス 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ ブレビス リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
小さなプレミアムセダンの新たなる選択肢
大きくない手頃なサイズの高級車として定評を確立したプログレのプラットホームをベースに、ほぼ同様のコンセプトで作られた新しい高級車がブレビス。トヨペット店で販売されるプログレに対し、トヨタ店で販売されるモデルである。

プログレは極めて個性的な外観デザインの車だが、ブレビスは比較的オーソドックスな高級車デザインに仕上げられている。インテリア回りの仕様も品質感の高さは共通だが、ウォールナットパッケージのあるプログレとは異なる仕様が用意されている。

デザインや足回りのセッティングを中心にプログレとの違いが設けられ、「小さなプレミアムセダン」の選択肢を増やしたのが、ブレビス、といっていいだろう。
室内&荷室空間
兄弟車プログレ同様に密度の高いパッケージング
ブレビスは直列6気筒エンジンを縦置きに搭載し、FRの駆動方式を採用するなど、居住空間を確保するには苦しい基本レイアウトを採用する。にもかかわらず後席にも十分な居住空間が確保されたのは、プログレと同様に密度の高いパッケージングを採用したことによる結果だ。この効率的なパッケージングによって大人が後席に座っても窮屈な思いを感じることのない広さが確保されている。

ただし、FR車ということで後席の床には大きなフロアトンネルがある。後席に3名が乗車すると、中央の席に座った人は足の置き場に困ることになる。ブレビスの居住空間は大人4名までが快適に乗れるものと考えるべきだろう。

なお、プログレにはないトランクスルーが設定されている。
  • トヨタ ブレビス リアシート|ニューモデル試乗
  • トヨタ ブレビス インパネ|ニューモデル試乗
ドライブフィール
セルシオにも共通する静粛性の高さとスムーズさ
ブレビスを走らせるとすぐに、その静粛性の高さとスムーズさによって、「ああこれはトヨタの高級車だな」という気持ちにさせられる。セルシオにも共通するようなトヨタ車ならでは、の走りのフィールがあるのだ。

足回りは、単に乗り心地に優れるだけでなく、操縦安定性にも配慮した味付けとされている。

プログレと同じ2.5Lの直噴エンジンは、低速域から太いトルクを発生して余裕ある走りを示し、5速のスーパーECTとの組み合わせによって極めて滑らかな走りを実現している。この走りには何の不満も感じられない。

3Lエンジンを搭載したモデルならさらに余裕のある走りが可能となるが、実用的には2.5Lエンジンで十分だ。
こんな人にオススメ
2.5L車でも300万円を超える価格が設定されているだけに、ある程度年齢が高く、すでに子供が独立したような生活にゆとりのあるユーザーに似合う車である。こだわりを持って物を選ぶタイプのユーザーでも、インテリア回りの高い品質感などに満足できるはずだ。
SPECIFICATIONS
グレード Ai250
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4550 x 1720 x 1460
ホイールベース(mm) 2780
車両重量(kg) 1520
乗車定員 5人
エンジン種類 直列6気筒DOHC
総排気量(cc) 2491
最高出力 147kW(200ps)/6000rpm
最大トルク 250N・m(25.5kg-m)/3800rpm
車両本体価格 337万円
写真:桜井健雄 文:松下 宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027