新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウデイ A4 【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

アウデイ A4 【プレイバック試乗】 / navi

(2009/12/01)

ボディは拡大されたが、軽量エンジンで俊敏な走り
上級モデルに大きく接近した“小さな高級車”

  • アウディ A4 走り|ニューモデル試乗
  • アウディ A4 リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
強まったプレミアム感。スポーツ性もさらに強調
サイズとしてはミドルクラスのコンパクトさをもつが、しかし、そのポジションや内容としては、そのサイズを超えたプレミアム性がある……というA4のコンセプトは、この新型になっても、しっかりとキープされた。

そして、そうしたプレミアム性に加え、近年のアウディが強く主張しているスポーツ性——走りのシャープさやキビキビ感が、このニューA4にもたっぷりと盛り込まれたのに注目したい。

さらに、今回のA4はボディの拡幅もあり車格感が向上。スタイリング的にも接近したことがわかるが、同時にその内容という意味でも、この新型は上級車A6に接近した。例えばその静粛性は、従来型に対して大幅な向上を見ており、“小さな高級車”としての主張をいっそう強めている。
室内&荷室空間
質感の高いインテリア。さらに拡大された室内
インテリアとそのデザインが、細部まできめ細かく気配りがなされており、そしてその仕上げが繊細であるのは近年のアウディの特徴。このニューA4も、もちろん例外ではない。ただ、おそらく本国と共通であるらしいA4のカタログには、外観の写真は多いものの、このようなインテリアの特色をしっかり提示しているページが少ないのはちょっと疑問。

このインテリア、ステアリング中央のマークとかメーターの周りとか、実はかなり“光りもの”が多用されている。だが、その材質がアルミであるため、光りつつも渋めにまとまっているというのは、さすがの小ワザである。

室内の広さは、こと前席に関しては十分。だが後席では、もう少しヘッドルームに余裕がほしい。
  • アウディ A4 インパネ|ニューモデル試乗
  • アウディ A4 エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
意外に俊敏なV6モデル。ノーマルで十分なサス
スポーティでありたいというのは新A4の重要なテーマのようで、エンジンは3L・V6、2L・直4ともに、シリンダーブロックをアルミにして軽量化した新作のユニットを搭載している。この結果、V6バージョンであってもフロントヘビーという感じがなく、トルクフルで俊敏な走りができるのは特筆できる。

3Lの場合、駆動方式は4WD(クワトロ)のみで、またスポーツサスも選択できる。だが、このスポーツ仕様でも乗り心地面でのしなやかさはキープされ、一方ではノーマルでもヤワな感じは一切ない。つまり両者にさほどの差はなく、17インチタイヤの外観にこだわりがないなら、走りとしてもノーマルで十分。

そして、この新型A4では全モデルに、ESP(車の横滑りを防ぐシステム、ABSなどを統合制御する)のほかに、ブレーキアシストが装備された。この結果、一気に大きなブレーキ能力を使いたいときには効果的だが、かつての欧州車風に、踏力に比例させて減速したいといった場合には、逆にブレーキ操作にデリケートさが必要になった。とはいえ、日本車から乗り替えたときには、このほうが違和感が少ないとはいえるが。
こんな人にオススメ
ブレーキアシストが装着され、日本車と同等の操作感を得たA4。少なくともブレーキにおいては、欧州車はこうだから……といった他車のような注釈がいらなくなった。また静粛性や室内のディテールの繊細さも、いわば日本人好み。ということで、他のアウディとも共通するが、他人より先にいいものに気づきたいという人向き。ただし、安価ではない。
SPECIFICATIONS
グレード 3.0 クワトロ
駆動方式 4WD
トランスミッション 電子制御5速AT
全長×全幅×全高(mm) 4555 x 1765 x 1430
ホイールベース(mm) 2645
車両重量(kg) 1660
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 2976
最高出力 162kW(220ps)/6300rpm
最大トルク 300N・m(30.0kg-m)/3300rpm
車両本体価格 535万円
写真:奥隅圭之 文:家村浩明
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027