新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ エスティマ ハイブリッド 【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ エスティマ ハイブリッド 【プレイバック試乗】 / navi

(2009/12/07)

世界初!モーター駆動4WDを備えたミニバンハイブリッド

  • トヨタ エスティマ ハイブリッド 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマ ハイブリッド エンジン|ニューモデル試乗
コンセプト
使い方が広がる未来のミニバン
プリウスに続くトヨタのハイブリッドカー第2弾として、エスティマ・ハイブリッドは誕生した。ミニバン初のハイブリッドカーであり、世界初のモーター後輪駆動による4WDを搭載し、エンジンは最も厳しい「超-低排出ガス」を達成している。また、大容量のバッテリーを搭載するハイブリッドカーの特徴を活かし、補機用の電源に100V/1500Wの電源を用意している。

この電源を活用することで、電子レンジなどの家電製品はもちろん、電動カートや電動アシスト付自転車の充電が可能。あるいは大容量電源を必要とする医療機器を搭載できるため、移動しながらの救急治療へ道を開く。また、移動オフィスも現実味を持つなど、発想次第で車の用途を一層拡大できる。
室内&荷室空間
中央のディスプレイで車の状況を表示
室内のアレンジは既存のガソリン車と同じ。ただし、3列目シート下にハイブリッド用ニッケル水素バッテリーが搭載されている。

目につく一番の特徴は、ハイブリッド専用のオプティトロンメーターだ。青のグラデーションが施されたインストゥルメントパネルは、イグニッションキーをオンにすると、朝日が昇るかのような演出で下から上へと照明が広がっていく。背景には星空が広がり、ここまでくると月の満ち欠けや流れ星も演出して欲しくなるほど凝った作りだ。中央のマルチインフォメーションディスプレイは、ハイブリッドシステムの作動状況や、燃費を表示する。

100V/1500Wのコンセントは、フロントセンタークラスターと荷室左のリアクォーターに設置してある。荷室の方はアースも備える。
  • トヨタ エスティマ ハイブリッド 青色LEDオプティトロンメーター|ニューモデル試乗
  • トヨタ エスティマ ハイブリッド AC100Vコンセント|ニューモデル試乗
ドライブフィール
ハイブリッドシステムを感じさせない自然な走り
インストゥルメントパネルにREADYの表示が点灯すると、走行準備が整う。基本的に停車時はアイドリングストップをするが、最初だけアイドリングを行うことで、他のガソリン車から乗り換えたときの違和感をなくしている。

シフトレバーをDに入れブレーキペダルから足を離すと、クリープが与えられたモーターで動き出す。続けてアクセルペダルを踏み込むと間もなくエンジンがかかる。プリウスは数十km/hまでモーターのままで走れたので、そこが違う。モーターとCVTの変速でパワーを調整し、減速時は、モーターを発電機として働かせる回生ブレーキも利くが、システム切り替えの様子がほとんど分からないほど走りは自然だ。モーターアシストによる想像以上の加速の良さも魅力。
こんな人にオススメ
複数乗車で試乗して得た燃費が11~15km/L。ガソリン車のミニバンの1.5倍近い実用燃費の実力と言える。優遇税制を考慮しても金額の上積み分を解消できるか微妙だが、納税や給油時のお得感は肌で感じるはず。環境コンシャスな家族思いの人へオススメ。
SPECIFICATIONS
グレード Gセレクション
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4770 x 1790 x 1780
ホイールベース(mm) 2900
車両重量(kg) 1860
乗車定員 7人
エンジン種類 直列4気筒DOHC+モーター
総排気量(cc) 2362
最高出力 96kW(131ps)/5600rpm
最大トルク 190N・m(19.4kg-m)/4000rpm
車両本体価格 363万円
写真:奥隅圭之 文:御堀直嗣
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027