新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ プレマシー【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

マツダ プレマシー【プレイバック試乗】 / navi

(2009/12/09)

ボディ剛性が向上し、2Lエンジンは低速でトルクフル

  • マツダ プレマシー 走り|ニューモデル試乗
  • マツダ プレマシー リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
ボディ剛性のシャープさをデザインでも表現している
コンパクトなボディに3列シートという、日本人受けするコンセプトで好スタートを切ったプレマシー。相変わらずの人気はキープしているものの、強力なライバルが次々と登場し、いまや激戦区のど真ん中にある。今回はこのクラスで勝ち抜くべく、テコ入れが行われた。

まずスタイル上の変更点としては、マツダのファミリィフェイスである5ポイントグリルをさらに五角形の角を強調したものに。ウインカーランプはヘッドライトレンズの内側に入れ、目元をシャープに見せている。またリアコンビランプもスポーティにアレンジされた。

ボディ剛性の向上が今回の一番の売りで、これにより乗り心地が進化。排気量が2Lとなるスポーティモデル、スポルトも追加され、走りのよさをアピールしている。
室内&荷室空間
細かい使いやすさを追求し車内の楽しさをさらに演出
インテリアではシート生地の質感を全体的に向上させて、上質な空間を演出している。また2Lエンジンのスポルトには、チタン調のセンターパネルを採用するなどして、ブラック&シルバーの色調で精悍な雰囲気を作り出す。

ファミリィユースが多い車だけに、車内の使い勝手にも手が加えられている。ドアポケット脇のボトルホルダー、運転席バニティミラー、格納タイプアームレストなどなど。フロントシートの後部にはピクニックテーブルが配置されたので、休憩時には活躍しそうだ。また8月からのオプションとして、クラス初の天上ユニット部に格納できる7インチワイドモニターを装着。リアシートでテレビやDVD、ゲームが楽しめるリアエンターテインメントシステムが採用されている。
  • マツダ プレマシー インパネ|ニューモデル試乗
  • マツダ プレマシー エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
半端な気持ちじゃ乗れない2Lスポルトの足の硬さ
今回は広島にあるマツダのテストコースで試乗する機会を得た。車を評価するために作られた場所だけに、あからさまにその特性が露呈する。試乗してみると、確かにボディのよれが少なくなりステアリングの応答性がいい。同じ路面での比較車がないので程度は断言できないが、ロードノイズも小さく走りが静かに感じられる。

そしてスポルトに用意された2Lエンジン。低速でのトルクが増して瞬発力があるのはもちろんだが、それよりも16インチタイヤを履いたことによる足の硬さ、しっかり感には驚かされた。ステアリングはさらにクイックになり、ブレーキは前後ともにディスクが採用されたことで、踏んだ初期時から確実な制動力が感じられる。まさにスポルトな仕上がりである。
こんな人にオススメ
車庫入れがしやすく多人数で使いやすいミニバン。ゆえにお母さんもハンドルを握る機会の多い家族向き。また 2Lエンジンを搭載するスポルトに関しては、足がめちゃ硬くて、荒れた路面ではステアリングをとられるほどのシビアさなので、走り好きの男のコにも楽しめるはず。
SPECIFICATIONS
グレード スポルト
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4340 x 1695 x 1570
ホイールベース(mm) 2670
車両重量(kg) 1350
乗車定員 7人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1991
最高出力 121kW(165ps)/6800rpm
最大トルク 177N・m(18.1kg-m)/5000rpm
車両本体価格 214.8万円
写真:芳賀元昌 文:岩貞るみこ
クリックでタグの選択
最新ニュース
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027