新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧オペル アストラ クーペ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

オペル アストラ クーペ【プレイバック試乗】 / navi

(2009/12/11)

街中ゴトゴト、ワインディングビュンビュンのドライバーズクーペ

  • オペル アストラ クーペ 走り|ニューモデル試乗
  • オペル アストラ クーペ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
アストラシリーズの最高級モデル
ミニバンのザフィーラを含む現行5車種のアストラファミリィのラインナップ中で、高級モデルとして君臨することになるアストラクーペ。実はこの2ドアクーペというスタイル、アストラシリーズとしては初めての試みなのだ。

本国では2000年4月デビュー以来、1.8L、2Lターボ、2.2Lのそれぞれ3機類のエンジンラインナップだが、今回日本に導入されるのは2.2L搭載車となる。

オペル社が、いわゆるスペシャリティカーを制作する際、その良き伴侶となっているのがイタリアの老舗カロッツェリア・ベルトーネ社。1987年のカデットカブリオ以来のつき合いだ。ちなみに、日本には2002年あたりに導入されると噂されているアストラカブリオもwithベルトーネだったりする。
室内&荷室空間
スタイリッシュな室内は大人4人がしっかり乗れる
オペルの室内というと、よく言えば実用的、悪く言えば武骨で素っ気ない印象があったけれど、これはずいぶんとスタイリッシュ。クールで洗練された質感の高さがあるのだ。女性ウケもよさそう。

だから余計にカップホルダーや小物入れの少なさなど、細かいところが気になったりもする。シートヒーターまで付いてるのに、エアコンはマニュアルだったりして、女心をくすぐるポイントとしては多少ズレているような気が……。

対してリアシートは感動モノの広さ。座面が低めなので、リビングのローソファで足を投げ出すかのごとく寛げてしまうのだ。ヘッドクリアランスも余裕たっぷりで、この空間はセダンで考えても特筆モノ。大人4人がゆったり乗れる貴重なクーペと言えそうだ。
  • オペル アストラ クーペ フロントシート|ニューモデル試乗
  • オペル アストラ クーペ トランクルーム|ニューモデル試乗
ドライブフィール
敏感すぎない程度にシャープな操作感が楽しい
運転席は「やはり日本女性は体が小さいのネ」と納得させられる広さ。シートリフター、チルト&テレスコピックステアリングなど、ありがたい装備は満載なのに、どれも調整幅が不足気味。でも自然なペダルレイアウトなどを含め、その心使いは買い!男性からはサイズ的に、不満は出ないハズだ。

さて、日本仕様には2.2Lモデルに本国の2Lターボの足が組まれているということで、街乗りではちょっと硬め。安らかな乗り心地とは言いづらいところ。

ところがワインディングに差しかかると、印象が一転する。ハンドリングも敏感すぎない程度にシャープ感があり、操作していて気持ちがイイ。ヒラヒラ感よりドッシリ感が優先された、安心感のあるスポーティカーという雰囲気だ。
こんな人にオススメ
クーペがもつ自由な雰囲気とパーソナル性は、やはり自分の時間を演出してみたい人にこそ似合う。オペルならではの安心感と堅実さ、そして移動時間をも新しいシチュエーションとして楽しめる、ドイツ車らしい乗り味。この魅力に共感する、30歳前後のカップルか、子育てをリタイヤした夫婦にオススメ。
SPECIFICATIONS
グレード 2.2
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4270 x 1710 x 1405
ホイールベース(mm) 2615
車両重量(kg) 1290
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 2198
最高出力 108kW(147ps)/5800rpm
最大トルク 203N・m(20.7kg-m)/4000rpm
車両本体価格 293万円
写真:芳賀元昌 文:竹岡 圭
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027