新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧オペル アストラ クーペ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

オペル アストラ クーペ【プレイバック試乗】 / navi

(2009/12/11)

街中ゴトゴト、ワインディングビュンビュンのドライバーズクーペ

  • オペル アストラ クーペ 走り|ニューモデル試乗
  • オペル アストラ クーペ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
アストラシリーズの最高級モデル
ミニバンのザフィーラを含む現行5車種のアストラファミリィのラインナップ中で、高級モデルとして君臨することになるアストラクーペ。実はこの2ドアクーペというスタイル、アストラシリーズとしては初めての試みなのだ。

本国では2000年4月デビュー以来、1.8L、2Lターボ、2.2Lのそれぞれ3機類のエンジンラインナップだが、今回日本に導入されるのは2.2L搭載車となる。

オペル社が、いわゆるスペシャリティカーを制作する際、その良き伴侶となっているのがイタリアの老舗カロッツェリア・ベルトーネ社。1987年のカデットカブリオ以来のつき合いだ。ちなみに、日本には2002年あたりに導入されると噂されているアストラカブリオもwithベルトーネだったりする。
室内&荷室空間
スタイリッシュな室内は大人4人がしっかり乗れる
オペルの室内というと、よく言えば実用的、悪く言えば武骨で素っ気ない印象があったけれど、これはずいぶんとスタイリッシュ。クールで洗練された質感の高さがあるのだ。女性ウケもよさそう。

だから余計にカップホルダーや小物入れの少なさなど、細かいところが気になったりもする。シートヒーターまで付いてるのに、エアコンはマニュアルだったりして、女心をくすぐるポイントとしては多少ズレているような気が……。

対してリアシートは感動モノの広さ。座面が低めなので、リビングのローソファで足を投げ出すかのごとく寛げてしまうのだ。ヘッドクリアランスも余裕たっぷりで、この空間はセダンで考えても特筆モノ。大人4人がゆったり乗れる貴重なクーペと言えそうだ。
  • オペル アストラ クーペ フロントシート|ニューモデル試乗
  • オペル アストラ クーペ トランクルーム|ニューモデル試乗
ドライブフィール
敏感すぎない程度にシャープな操作感が楽しい
運転席は「やはり日本女性は体が小さいのネ」と納得させられる広さ。シートリフター、チルト&テレスコピックステアリングなど、ありがたい装備は満載なのに、どれも調整幅が不足気味。でも自然なペダルレイアウトなどを含め、その心使いは買い!男性からはサイズ的に、不満は出ないハズだ。

さて、日本仕様には2.2Lモデルに本国の2Lターボの足が組まれているということで、街乗りではちょっと硬め。安らかな乗り心地とは言いづらいところ。

ところがワインディングに差しかかると、印象が一転する。ハンドリングも敏感すぎない程度にシャープ感があり、操作していて気持ちがイイ。ヒラヒラ感よりドッシリ感が優先された、安心感のあるスポーティカーという雰囲気だ。
こんな人にオススメ
クーペがもつ自由な雰囲気とパーソナル性は、やはり自分の時間を演出してみたい人にこそ似合う。オペルならではの安心感と堅実さ、そして移動時間をも新しいシチュエーションとして楽しめる、ドイツ車らしい乗り味。この魅力に共感する、30歳前後のカップルか、子育てをリタイヤした夫婦にオススメ。
SPECIFICATIONS
グレード 2.2
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4270 x 1710 x 1405
ホイールベース(mm) 2615
車両重量(kg) 1290
乗車定員 5人
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 2198
最高出力 108kW(147ps)/5800rpm
最大トルク 203N・m(20.7kg-m)/4000rpm
車両本体価格 293万円
写真:芳賀元昌 文:竹岡 圭
クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027