新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アルテッツァ ジータ【プレイバック試乗】 / navi

クルマニュース

アルテッツァ ジータ【プレイバック試乗】 / navi

(2010/01/04)

セダン以上ワゴン未満のボディに3Lの走りの魅力を搭載

  • アルテッツァ ジータ 走り|ニューモデル試乗
  • アルテッツァ ジータ リアスタイル|ニューモデル試乗
コンセプト
スポーツイメージを崩さず新しい価値観を目指す
アルテッツァのメインマーケットであるヨーロッパは車で旅行することも多いので、ラゲージ容量のあるボディが必要。本来ならセダンに加えステーションワゴンと5ドアハッチバックの3タイプあればいいのだけれど、トヨタの(海外ではレクサス)販売規模だと3車型までもてない。

そこで選んだのが、アルファロメオのようなボディである。ジータを見ればわかる通り、ステーションワゴンと比べればラゲージ容量は小さく、5ドアハッチバックよりは大きいというもの。確かにステーションワゴンでもラゲージ容量をフルに使い切ることはそうそうあることではない。だったらアルテッツァがもつスポーツイメージをキッチリとキープしつつ、新しい価値観の車など作りましょう、と考えたんだと思う。
室内&荷室空間
日常使用には十分なラゲージスペース
居住スペースはアルテッツァと全く同じ。4505mmという全長からイメージするよりゆったりしたリアシートをもっており、大人が4人(5人だとつらい)乗ってのロングドライブも楽にこなす。そのうえで、セダンにないラゲージスペースを確保している。

フルに積載すれば海外旅行用トランクは4つ積めないものの、オートキャンプやスキー、スノーボードに代表される「大きな道具を使うアウトドアスポーツ」の相棒として十分役に立ち、日常的な荷物の積載に関してはとりたてて問題は感じない。さらにリアシートを折り畳めば(左右片分割)、セダンだと積めないような長尺物だって運搬できる。ただしレガシィのような純粋なステーションワゴンと比べてしまうと物足りないラゲージスペースであることは間違いない。
  • アルテッツァ ジータ ラゲージ|ニューモデル試乗
  • アルテッツァ ジータ エンジン|ニューモデル試乗
ドライブフィール
運転の楽しさは3LのFRが一番感じられる
2Lモデルは基本的にアルテッツァと同じ乗り味。ということでジータで追加された3Lモデルを念入りに試乗してみた。2Lと最も違うのが「満足できる!」という点。アクセル踏めば「クォーッ!」という気持ちよいサウンドとともにグイグイ加速してくれる。チーフエンジニアに聞けば、ヨーロッパ仕様の最高速は230km/hだそうな。十分速い!ハンドリングはFRと4WDで若干違う。4WDのほうは安定性重視で、アクセルを踏んでも姿勢変化しない。FRモデルに乗り替えてスポーティなドライビングをすると、これが楽しい!トラクションコントロール機能をオフにすれば、後輪駆動らしい挙動(パワーで後輪をスライドさせる)も味わえた。運転の楽しみを感じたいなら悩まずFRだ。
こんな人にオススメ
直列6気筒を搭載したコンパクトな後輪駆動車というのは、世界的に見てもBMW以外なくなってしまった。悪いから消えていくのでなく、少量しか売れない形式を維持できなくなってきているのだ。今回は3Lをプッシュしたけれど、2Lのマニュアルなども車好きならどうぞ!
SPECIFICATIONS
グレード AS300 Lエディション
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4505 x 1725 x 1420
ホイールベース(mm) 2670
車両重量(kg) 1490
乗車定員 5人
エンジン種類 直列6気筒DOHC
総排気量(cc) 2997
最高出力 162kW(220ps)/5800rpm
最大トルク 294N・m(30.0kg-m)/3800rpm
車両本体価格 300万円
写真:桜井健雄 文:国沢光宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027